calendar

          10« 2017/11 »12          
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [SOCCER] 2013年 清水エスパルスのまとめ 

 昨シーズンはかなりの分量を投下しましたが、今回は時期も逸しつつあるので簡潔にいきます。

 開幕当初、中盤を3ボランチにした布陣で臨みましたが、プレシーズンの新潟戦から調子が悪く、開幕戦引き分けからまったく波に乗れず、降格も覚悟するほどの苦しい戦いが続きました。
 結局、新布陣を封印し、いったん守備に重きを置いた「戦術バレー」の戦い方で勝ち点を拾っていくことができるようになりました。
 安定しはじめた守備をベースにW杯予選の中断期で攻撃面の連携を、というところでバレーの移籍。
 ただ、ここでフロントがちゃんとタスクをこなした結果、代役のラドンチッチだけでなく、本田と大前を迎え入れることになります。
 結果的に、中断期と明けの数試合を新戦力のフィットに使うことになりましたが、チーム力は上昇。
 後半戦の途中からは降格を心配するのではなく、来期に思いを馳せる余裕ができました。

 今いるレギュラー格で、ある程度ゴトビ監督のやりたい攻撃的なサッカーができる土台ができたと感じています。
 まだ来期の体制は確定していませんし、レギュラー組と控えの差も大きいので安定して戦うには難があると思いますが、ゴトビ体制ではじめて結果を求めてもいい戦力という印象です。
 敗戦時コメントの常套句である「経験不足」はそろそろ言い訳にできないよ、という感じですね。(監督だけの問題ではなく、選手もそういう言葉を言われないようにしないといけない)

 新体制発表まであと少しですが、吉報ばかりであることを祈ります。

 この流れで、2013年度の後援会投票内容も記録しときます。

 MVP 杉山 浩太
 春先の件、浩太がキャプテンじゃなかったら隣が我が身だったかもしれないです。
 変なこだわりがあるわけではないですが、キャプテンがユース出身ってのはあるべき姿だと思わされました。

 ニューヒーロー 櫛引 政敏
 リオ五輪代表候補で背番号1を背負っている期待を込めて。

 オレンジ魂 本田 拓也
 彼のカムバックは2013年最大の驚きでした
 一度出て行った選手がまた戻ってこれる、そういう気にさせることのできるクラブでいてほしいですね。
 2010年を経験してるので特にそう思ってしまいます。

スポンサーサイト
[P&D] パズドラ 日報 | HOME | [P&D] パズドラ 年末年始

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。