calendar

          02« 2013/03 »04          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [BOOK] 「魔法科高校の劣等生(9)」@佐島勤 

 主人公はほんとに性格が悪い。

 ほんとは上中下という話を聞いた段階で揃うまで読むのやめようと思ってたんだけども・・・・・・お手軽さに負けた。

スポンサーサイト

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 3/25-3/31 

 スポニチはsね
 一生買わない誓いがどんどん強固になっていく。

3/30 J1 4節 ×サンフレッチェ広島 0-4

[14分]石原 直樹
[69分]佐藤 寿人
[73分]水本 裕貴
[82分]佐藤 寿人

 つれェ。
 いきなり良くはならないだろうけど、それでも今日はそこまで悪くない展開だったのに退場者が出て万事休す。今のチーム状態でこれは苦しいな。ホームだけにもうちょっとなんとかならないかなという気もする。
 得失点差はひどいけど、勝ち点差はまだない。悲観しすぎてもどうしようもない。とにかく信じるのみ。

 [BOOK] 「FSS トレーラーEX2」 

 ・・・・・・何も言うな、信者乙。

 永野本人のかかわっている箇所は冒頭12ページのみなので、1ページ100円と考えたら、安いじゃないか!

 ・・・・・・

 まあなんちゅーか、デザインズとかルミナス学園本とかの予備知識云々以前にゴチックメード関連でニヤニヤできたので良しとしとく。

 にしても、ここぞとばかりに、かのマインドコントロール→ダムゲートうんたらみたいな語句改変をやってのける永野はやっぱりカッコイイわ(決して褒め言葉ではない)

 [DIARY] バクマン(アニメ) 

 なんとなくテレビを付けたら最終回だったので観てみたけど、エンディングが漫画版よりもちょっと先まで描いてて、これがよかった。
 (ちょいと後日譚があった方が好み、ということもあるけど)

 【MAGIC】 GTCドラフト#4 

【ピック】
 初手《炎まといの報復者/Firemane Avenger》(《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》流し)、2手目《強盗/Mugging》でさすがにボロス行きたいと思うものの、3手目にしてすでに枯れる。
 《ゴーア族の暴行者》流しではあるものの、3手目に《両生鰐/Crocanura》でグルールに渡りをつける。
 その後、緑のカードは取れるものの赤は不作で、流れまくるシミックのカードに心折れて、1周以降で拾った《エリマキ眼魔/Frilled Oculus》2枚を眺めつつ2パック目へ。
 初手《実験体/Experiment One》  2手目《ザーメクのギルド魔道士/Zameck Guildmage》でシミック確定。
 初手《一族の誇示/Clan Defiance》で赤タッチが正当化。

【デッキ】
 1:《実験体/Experiment One》
 2:《シュラバザメ/Shambleshark》*2《大都市のスプライト/Metropolis Sprite》*2《エリマキ眼魔/Frilled Oculus》*2《ザーメクのギルド魔道士/Zameck Guildmage》
 3:《両生鰐/Crocanura》*2《殺戮角/Slaughterhorn》《シミックの変転魔道士/Simic Fluxmage》《死教団のならず者/Deathcult Rogue》
 4:《キヅタ小径の住人/Ivy Lane Denizen》《鍵達人のならず者/Keymaster Rogue》
 6:《破滅のワーム/Ruination Wurm》

 1:《強盗/Mugging》*2《強制順応/Forced Adaptation》
 2:《呪文裂き/Spell Rupture》《束縛の手/Hands of Binding》
 3:《新緑の安息所/Verdant Haven》
 X:《一族の誇示/Clan Defiance》

 森*9、島*8、山《シミックのギルド門/Simic Guildgate》《グルールのギルド門/Gruul Guildgate》

 《雲ヒレの猛禽/Cloudfin Raptor》など飛行がうまく取れなかったし、スペルも安定性を欠く感じだけど、まあまあ許容範囲。

【ゲーム内容】
 1戦目 シミック系多色 2-0
 下。グルール嗜好だったのに、1パック目でブン回ってたシミックのおかげで僕と彼で色替えが発生した結果、損を被った様子。
 こちらの方が低マナ域が安定しているおかげで序盤から攻勢をかけることができて2本勝ち。

 2戦目 ディミーア 2-1
 1本目 ダブマリ。マナがイゼット風味で《大都市のスプライト/Metropolis Sprite》2体でささやかな抵抗をするけれども、やっぱり負け。
 2本目 ワンマリ。低マナ域を序盤に展開し、《ディンローヴァの恐怖/Dinrova Horror》を《呪文裂き/Spell Rupture》で退けて勝ち。ただ、この期に及んで進化の内容を勘違いしてたりで、なかなかひどい。
 3本目 ワンマリ。低マナ域をしっかり引けて、サイドインした《帰化/Naturalize》で《ディミーアの魔鍵/Dimir Keyrune》割ったりして勝ち。  

 3戦目 オルゾフ 1-2
 2本目はブン回って勝ったけど、あとは除去の嵐で負け。
 《一族の誇示/Clan Defiance》を初めて使ったけど、さすがに意味わからん強さだった。

 [GAME] スパロボOE 

 発表された、けどイロモノすぎた。

 PSP。
 ダウンロード専用。
 システムはNEOを継承?

 実験作、ってとこかなー。
 みんなが待ってるのは第3次Zだと思うんだけどなー。

 [SOCCER] W杯予選 

 前半終わって引き分けなら寝ようと思ってたら、あの状況。で、結局最後まで見てしまってあの結果。
 まさに2時間の無駄。

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 3/18-3/24 

3/19 湘南戦のプレビュー、レビュー記事

 プレビュー
 レビュー
 
 ここで指摘されているように戦術の問題ももちろんあるけど、その一方で主力(浩太、河井、高木)の不調も深刻だと思う。ハードワークありきの戦術なのに、ハードワークできていなきゃそりゃ穴も広がるってもの。
 ナビスコ2試合挟まって良かった、と言えるようになってほしいけど。

3/20 ナビスコ杯予選リーグ ×ヴァンフォーレ甲府 1-1

八反田 康平[9分]
[32分]ウーゴ

 ちょっとずつでも修正が進んでいる様子ではある。

 櫛引のJ初出場。順調に伸びていってほしいと願ってやまない。

3/23 ナビスコ杯予選リーグ ×ジュビロ磐田 1-5

[6分]金園 英学
[21分]松浦 拓弥
[69分]山崎 亮平
[75分]山崎 亮平
石毛 秀樹[86分]
[90分]山崎 亮平

 スタメンの段階で捨てたゲームなのかと思っていたけど案の定。
 いくら若手育成とはいえ、静岡ダービーでこんなのやってたらうるさく言われるのも仕方ない。

 リーグ0-4*3の実績があるのでまだへこたれないけど、さすがに今はリーグじゃなくてよかったと思うしかない。
 ただ試合内容がさっぱりなので、しばらくは耐え忍ぶ日々を覚悟した方がいいかも。

 [BOOK] 「悪の教典」@貴志祐介 

 映画化されたという情報に基づいて、文庫版を読んでみた。

 主人公=シリアルキラー=頭も人当たりも凄まじく良い

 という設定なので、どういう風に知恵比べで負けて終了するんだろうと思ってたら、結局はいきあたりばったりで目についた人間を排除していくだけのアホに成り下がってしまい、普通にタイホされた。
 求めてたものと違う方向に突っ走っていってしまったのであまり楽しめなかった。(特に下巻の展開はひどい)
 何らかの形で主人公が社会に戻ってきて、今回生き残った人と追いつ追われつの頭脳バトルをするようなら自分好みになるかもしれん。

 蛇足。
 映画の監督が文庫版の最後に寄稿しているんだけど、この主人公をヒーローと称すこと自体がいかがかと。
 共感できない適応障害による欲望の暴走=社会の抑圧から解放、というように都合のよい部分を切り取って「ヒーロー」というのは趣味に合わないね。
(ちなみに、実際はもっと頭悪そうなことが書いてあるのでそこの部分だけはいろいろと面白かった)

 [DIARY] かるた対決 

 今年初めて娘(7さい)に勝った。5枚差。

 [DIARY] 模様替え 

 うちのヨメの趣味のようなものなんだけど、今回は自分の書斎を子供に明け渡すというミッションが発動したため、家の中を右往左往どころか上下に激しく動き回る羽目になった。

 で、痛感したのはやっぱりカードがとんでもなくあるということ。
 すぐさまどうということはないけど、将来的にどうするかは考えとかないとダメだなー。

 

 [BOOK] 「東京レイヴンズ(9)」@あざの耕平 

 やっぱあざの耕平は最高っす。
 序盤は冗長だったけど、6巻からの構成は完璧だと思う。

 第二部を座して待つ。けどできるだけはよう、と呪をかけておこう。

 [GAME] スパロボUX 

 買ってないので動画でちらと見た。これが結構面白そうで困る。
 やっぱラインバレル漫画版が気になるなー。


 これが出たからまた次のが発表されるんだろうけど、斜め上はともかく、思い当たるのが魔装3くらいしかないのが実情。
 魔装3が3DSでもVITAでも苦行・・・・・・さすがにVITAの方がきついけども大差はない。

 [DIARY] WBC 

 乙。負けちゃったものは仕方ない、けど。

 4番の打席で「ダブルスチールしてもいいよ」なんてサイン出すかフツー。
 だいたい、「してもいい」ってレベルでするものじゃないよな、ダブルスチール・・・・・・。


 一応調べてみたところ、どうもこういうことらしい。
 
 0.キャッチャーはメジャーNo1とも言われる強肩である(これ超重要)
 1.「ダブルスチールしてもいい」サイン、というかピッチャー交代時にコーチから走者へ伝言があったっぽい
 2.2塁の井端は一応3塁を狙おうとスタートを切るも、やっぱりムリだから戻る(カメラで確認すると、井端の方が内川よりスタート早い)
 3.1塁の内川は井端がスタートを切ったと判断し、突っ込んでアウト。

 ・内川は、ダブルスチールってキャッチャーは絶対3塁に投げるんだから、あんなに早く走る必要がない。
 ・仮に井端が3塁へ向かってたとしても3塁でアウトだから結果は一緒。
 ・やっぱりダブルスチールをする場面では根本的にない。

 結論:ベンチがアホ。

  [MAGIC] GPサンディアゴ 

 モダンGP。チームリミテッドの方はあまり興味なし。

 優勝は卵。
 勝てるときは勝ててしまうのがこのデッキということなのかねー。

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 3/11-3/17 

3/14 三浦雄也加入

 4人目のGKということで、シーズン前から噂されてた選手。
 けがの回復具合で、という話だったので目途がついたということか。

 某すぽるとの所属選手3人目なのは、もともと筑波と関係の深いチームだけに仕方ないかな。


3/17 J1 3節 ×湘南ベルマーレ 1-1

[21分]武富 孝介
八反田 康平[63分]

 今はほんとに噛み合わない時期になってしまっているので、それでも勝ち点を拾ってると思うと気が楽になるのかな。
 そんな中、ナビスコ2試合が挟まれるというのは正直助かる。なんとかうまく折り合いをつけてもらえれば。

 八反田はリーグ初ゴールおめ。

 [COMIC] 「ちはやふる(20)」 

 今後の展開を予測するに千早は予選に出ないと思ってたけど、まさかああなるとは。

 そしてついに「男の戦い」が始まって、いよいよラスト1年という感じになってきた。

 [MAGIC] スタンダードメモ 

3 静穏の天使
4 東屋のエルフ
4 アヴァシンの巡礼者
4 ロクソドンの強打者
4 修復の天使
4 スラーグ牙
3 首席議長ゼガーナ
1 情け知らずのガラク
2 原初の狩人、ガラク

1 忘却の輪
1 サイクロンの裂け目
1 中略
4 遥か見

4 森
4 繁殖池
2 魂の洞窟
3 ガヴォニーの居住区
1 神聖なる泉
3 内陸の湾港
3 陽花弁の木立ち
4 寺院の庭

サイドボード
2 拘留の宝球
3 安らかなる眠り
2 戦慄の感覚
1 天啓の光
2 中略
2 情け知らずのガラク
2 記憶の熟達者、ジェイス
1 魂の洞窟

 こんな感じのスペルの1枚挿しは好みじゃない(中略が一番気持ち悪い)けど、サイド含めた調整枠だろうしなんともかんとも。
 この3枚がセレズニアチャームになってるバージョンもあるので、試しにメイン回すだけならそっちの方がわかりやすそう。

 [GAME] スパロボUX 

 フラゲ動画が出回ってたのでみてみた。

 ラインバレルが原作漫画版、声付ファフナー、ひさびさのダンバインと飛影というのは訴求力があるけど、さすがにハードごと購入は無理ー。

 [MAGIC] GPヴェローナ、リオデジャネイロ 

 ビートVSリアニのような構図。

 2週間後目途にスタンダードのデッキ組むかなー。
 GTCのカードを大目に積んだやつがよさげ。
 最低2個、できれば3個。
 ・トリコ
 ・リアニ
 ・赤系ビート
 こんな感じ?

 [DIARY] 祝 

 いろいろとおめでたい日であった。


 劇的逆転の次がサイクルホームランとか落差が激しい。


 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 3/4-3/10 

3/6 20周年記念本

 到着した。
 結局買ったのかよ、というツッコミには「当然」と応えておく。

 さすが1まんえんというだけあって装丁も綺麗だし、内容も充実してるし、かなり満足。
 内容はやや懐古的ではあるので、特に昔からのサポーターなら買って損しないと思う。
 個人的には、岡崎のインタビュー読めただけでもめっけものだった。

 OBのサインは大榎。これもかなり嬉しい。


3/9 J1 2節 ×横浜Fマリノス 0-5

[8分]中村 俊輔
[39分]兵藤 慎剛
[71分]マルキーニョス
[88分]マルキーニョス
[90分]マルキーニョス

・と、少し気分が盛り上がってきたと思ったらこれである。
・一番悔しいのは選手、スタッフなのであーだこーだは控えとく。
 去年までも、前半2-0の後はこんな試合をしてきてるのでもはや一種のチームカラーかなとまでは達観できてしまう。悲しいけど。
 今年も安定とはほど遠くアップダウン激しそうなので、やっぱりそういうものだという覚悟が決まったかなと。

 [DIARY] FSS再開とトレーラー2 

 ニュータイプ4月号を読んだ。
 とりあえず、ゴチックメードのエンディングに出てきたのはおぼったまではなく黒王子の方だというのは確信。

 予定通り、4/10発売のニュータイプ5月号から連載再開。
 待つこと8年だが、その間にニュータイプを買うには相当抵抗のある状態になってしまったので、座して単行本を待つのではないかと思う。
(ちなみに電子書籍で1話300円くらいなら余裕で買うんだけど。まじでやってくんないかな)


 それに先んじて3/25に発売される「トレーラー EX.2」は冒頭12ページが再開向けの情報らしい。
 1巻は冒頭の15ページくらいと、ソードアートオンラインでキリトがログナーの通せんぼをやったのが確信犯だということが分かったくらいの価値しかなくてコスパ最悪(今更)だったので、今回付き合うかどうかは微妙。

 [MAGIC] レガシーメモ 

 これ「リアニストーム」ってことだなー。

Jacob Kory 「Reanimator/リアニメイト」 SCGO Las Vegas(2位)

1 《沼》
1 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
4 《汚染された三角州》
4 《湿地の干潟》

2 《コーリスの子》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール》
2 《グリセルブランド》

1 《沈黙》
4 《渦まく知識》
4 《思案》
4 《ギタクシア派の調査》
4 《陰謀団式療法》
2 《思考囲い》
4 《暗黒の儀式》
4 《納墓》
1 《再活性》
4 《浅すぎる墓穴》
3 《御霊の復讐》
1 《苦悶の触手》
4 《水蓮の花びら》
2 《金属モックス》

Sideboard
2 《沈黙》
2 《永遠からの引き抜き》
2 《蒸気の連鎖》
1 《残響する真実》
1 《ハーキルの召還術》
3 《外科的摘出》
2 《虐殺》
2 《真髄の針》

 [DIARY] SAOアニメ 

 やっとこさ全部観た。

 子安の怪演が一番印象に残ってしまったがまあ仕方ないだろ、あれは。

 [DIARY] 水曜日は 

 「ゲー音ベスト100+900」が更新されるので作業がはかどる。・・・・・いや、妨害されるのか?

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 3/2-3/3 

 ここ1ヶ月ほどは情報収集もオフシーズンだったので、気持ちがいまいち盛り上がりに欠ける中で開幕を迎えたわけだけど、始まってみればやっぱりふつふつと来るものがあった。
 正直、シーズンが始まると勝てば歓喜、負ければ消沈して躁鬱みたいな感じになる。
 毎年開幕は楽しみでもあり、また今後の焦燥の日々を想像してどんよりとしたりもするのだが、だからといって止められないのがサポ性分というものか。

3/2 J1 1節 ×大宮アルディージャ 2-2

[56分]オウンゴール
[65分]青木 拓矢
 石毛 秀樹[74分]
 内田 健太[84分]

・青ユニお披露目。結構いいよね、青。
・開幕戦だし、アウェイということもあるし、2点ビハインドを追いついて引き分けというのは次に繋がる。得点経過が先週の新潟にボコられたときとそっくりだっただけに、その中で追いついたというのは大きい。
・石毛と内田はともにJ1初ゴール。特に石毛は去年のこともあるので、いきなりのゴールは勢いに乗れそうな気がする。
・キャンプからずっとやってる4-3-3よりも瀬沼を入れて4-2-2の方が機能したというのも皮肉だけど、強風の追い風を利用したパワープレイがはまったというのも、昨シーズンにはなかった流れかなと思う。
・今日は交代された選手3人はいずれもいまいちな感じだった。選手の質にあまり差がない現状では、今日調子の悪かった選手と良かった選手とで積極的に動かしていくのがいいのかもしれない。来週の監督采配に注目したい。

・大前がtwitterで試合経過を気にしてるのを発見して正直嬉しかった。こういうのいいなあ・・・・・・。

 [BOOK] 「境界線上のホライゾン(5)」@川上稔 

 やっと追いついた。
 上下巻だと少なく感じるのはきっと病気。

 物語的にアゲアゲで、そういうときの川上作品は概して気持ちいいのでささっと読めるというのもあるか。

 [MAGIC] GP横浜 

 2200人オーバーとかワロタ。

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。