calendar

          11« 2012/12 »01          
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [DIARY] 今年最後 

 今年も終わり。

 よいお年を。

スポンサーサイト

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 2012シーズン総括 その2 チーム編成 

 (自己満足記事その2)

 去年は、小野・高原がいるといないとでは明らかにチームの動きが違っていた。
 今年は、彼ら+ユングベリへの依存度を下げ、若手へ切り替えていくシーズンという位置づけだったと思われるが、それはこちらが思っていた以上のスピードで達成されてしまった。
 どちらかといえば、ここからさらにアレックスや岩下、枝村までいなくなってもこの順位にいられたということの方が驚き。
 このあたりのチーム構築については、ゴトビの手腕は認められるべきものだと思う。

 明示されているわけではないので戯言ではあるのだけれど、なんとなく感じる今のクラブの有り様は、

 活きのいい若手を大学・高校・ユースから集める。出ていく分は割り切る。個人に依存しきらないハードワーク中心の戦術でがんばって中位を維持し、とにかくJ1にとどまり続ける。時々タイトルに絡めればいい。

 というもの。
 これを前提とすると、来期については、層の薄いポジションには大学の有力選手を迎え入れているし、大前の代役としてイメージできる選手は何人かいるし、CFとかピンポイントの補強は必要だけど、ある程度の戦力は維持できている・・・・・・となって、現時点ではそんなに突っ込むところがない。

 ちなみに自分の現在のスタンスは、
 ・自分が生きてる間はJ1でいてほしい
 ・キープしてほしい位置は賞金圏

 なので、現状に大きな不満があるわけでもない。
 今のメンバーが離脱せずにとどまってくれるのであれば、いずれ広島のような結果を出すことだってできると思っている。
 問題は、これとまったく同じ未来予想図を健太の時もしてた、ということなので、もう1回それを繰り返すか否か今後を見守っていくしかないのかなというところだ。

 とはいうもの。

 やはり出ていく選手の多さには寂しさを感じざるをえない。
 シーズンインの時はそこまででもなかったけど、とにかく途中退団が多くてやきもきさせられた。
 出て行った影響はやはりチームに色濃く残ったし、今期の後半は、彼らがいなくなったから強くなったわけではなく、せいぜい同じレベルにまで持って行ったにすぎない。
 今回は上手く行ったからいいようなものの、一歩間違えれば急降下しかねない非常に危ういやり方と感じるから、あまり繰り返してほしくない。

 またリーグ後半に観客数が伸び悩んだのは、こうした選手の入替が多すぎたからだとも思う。
 ここからさらに高原、大前、海人、碓井という県内出身者or生え抜きが抜けるわけだから、地元のファンの気持ちも切り替えが難しいんじゃないだろうか。
 全体の方向性は支持するけれど、急すぎるのもよくない。もう少しバランス良く進めてくれたら安心できるというのが本音だ。

 その上で、やはり重視してほしいのは出ていく選手との関係。
 特に長く在籍した選手、一度中心として認めた選手に対しては、お互い納得のいく別れ方をしてほしい。
 一度在籍した選手は、どういう形であれもう一度クラブに戻ってこれるような関係を築いておくのが理想。
 できれば地元出身ではない選手でもそういう雰囲気を作ってもらいたい。
 今年の20周年企画でもそういうのがあったけど、その積み重ねがそのまま財産になると信じる。

 それだけに、戻ってきたらまたエスパルスに、と言ってくれた大前にはほろりとした。
 公式での物凄い大前推しはクラブの狙い通りなのかもしれないけど、少なくとも自分にとって効果は絶大だった。
 こんな感じであれば酷く文句も出ないだろうし継続してほしい。

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 2012シーズン総括 その1 ゲーム内容 

 (自己満足記事その1)

 開幕前。
 即戦力となる補強はほぼ皆無で、補充と新人のみ。フィットするのはこれからだろうと思ってたユングベリはいつのまにやらどこかへ行ってしまうし、今年も降格回避を念頭に置かざるをえない状況だった、と記憶している。

 しかし、蓋を開けてみればシーズン通してそのラインとはほぼ無縁で終われた。
 編成の目利き・選手の日々の鍛錬と成長・監督の手腕で予定通りの流れだったのか、実はたまたま運が良かったのか、とにかく今年の加入選手たち・・・河井、キジェ、吉田、林、石毛、八反田がしっかりと機能してくれたのは本当に大きかった。
 また、村松の覚醒と、キャラのCBコンバートが大当たりだったのも特筆すべき点だった。
 こうやって初心に返ってみると、ナビスコファイナルも含めてそんなに悪くない年だったのかなと思う。
 頑張ったおかげでもうちょっと頑張れという欲が出てしまった、と言えるかもしれない。

 が。

 去年からの課題であるCFの固定はまったく進まず、それに関連した攻撃戦術の問題点も改善されていない。
 サイドをストロングポイントとしておくのは4-3-3の特徴だけど、CFの攻撃力が乏しければ、相手としたら対応しやすい。
 引いて中央を固めて待ち構えると、攻め手が極端に制限されるからだ。
 さらに、CFがいまいちであればフォローする形でトップ下やSHが点を取らないといけないはずなのに、そこを埋める戦術が確立しなかった。
 ここを個人で補っていたアレックスがいなくなったら問題はより顕著になった。CFの得点数と、アレックスの穴を埋める選手(八反田と河井と石毛)がリーグノーゴールというのが、このチームの問題点を如実に示している。
 (これは「中央で取られてカウンター」というリスクを回避することと表裏一体なんだけど、そこをもう一歩踏み込まないと点は取れないなという感じ)

 打ち合ってくれる上位相手に勝てて、守備的に入ってくる下位に勝てない原因は、こうした戦術の問題が大きい。個人の成長とかは横に置き、何らかの手を打たない限り劇的に改善するものではないと思う。
 この弱点は、一歩間違えると順位を大きく落とす要因になり得るものだと思っている。
 仮にすべてのチームが引き籠り戦術を採った場合、清水の取れる勝ち点はどのくらいになるのだろうかと思うと、決して楽観はできない。

 色々と工夫しているのは見受けられるけど、ここを改善できない限り上位進出は難しいだろう。

 さて、FWに実績のある選手を補強したことでこれがどうなるか。
 ぶっちゃけバレーはCF向きの選手ではないはず(適正ポジは左サイド)なので、そこも含めてどうするのかが見もの。(バレー、瀬沼、石毛or高木 の並びとかね)

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 12/24-12/30 

12/25 内田健太 加入

 既報通り。
 愛媛から完全移籍加入。広島ユース出身の23歳。左MFないしSBで、威力のある左足が武器、とのこと。
 守備は?らしいけど、キジェも?なので似たり寄ったりかもしれない。

 結局即戦力よりも若手育成なのね、とは思えど、いずれにせよ、SBの河井や石毛はあまり観たいものでもないので期待したい。

12/29 Locoエスパルススペシャル

 YouTubeにあげてくださる神様に感謝。
 もうMCは平ちゃん起用でいいよ。随分空気が軽くなってて普通の番組になってた。


12/30 年内何にもコネー・・・・・・と思いきや 

・山本海人→神戸、碓井健平→千葉へ完全移籍

 GKというのは非常に難しいポジションで正GK以外はどうしても出場機会が確保できない。
 碓井の移籍は予測できたけれど、海人がこういう決断となったことは残念。
 正GKが林、という点ではほぼ意見は一致するだろうけど、今年の林・海人体制の安定感をみれば、どうしても惜しい気がしてくる。
 (そもそも林は海外志向があるはずなので、マネジメントとしても少なからず不安があると思う)

 ただ、GKはほんと試合に出てなんぼ。海人がそこにこだわるのは分かるので、今年がただ単に贅沢だったということで納得するしかない。

 しかし、これで現在の駒が林と3年目の櫛引。
 武田をレンタルバックするかと思ったけど天皇杯で普通に使われてるので帰ってもないっぽい。さらに松本から三浦を獲得するという話もあるので、とにかく3名は確保することになるのか。
 櫛引も使えるなら使ってあげたいから、この体制でもいいのかもしれないが、林はほんとケガだけは勘弁ということでお願いしたい。

・バレー獲得

 さすがに吹いた。
 誰かが来るという話だけはあって、それがバレーかどうかは願望レベルの噂でしかなかった。
 このステルス性能にはまさに恐れ入る。
 来年31歳で働ける年だし、去年までしっかりリーグ戦2桁得点を維持しているってことでこれは期待せざるをえない。
 一番の懸念材料が一応の解決をみたと考えて良さそう。
 (バレー、キャラ、キジェ、イミンスで4人ってことはヒョンソンはレンタルバックか)

 ほんと年越し前にいい報告があってよかったよかった。

 [BOOK] 「魔法科高校の劣等生(8)」@佐島勤 

 いまさらなんだけど、あれだけ名字に意味がある世界で「斯波」と「四葉」の関連を疑わない作中の人物たちってちょっとネジ緩んでるんじゃ・・・・・・。(1回本人否定してるけどさ)

 今回の話の肝は、昔も兄貴は優等生だったってことだけである。何というかあれだけ超越してたらさすがに妹にも惚れられるわ、と思った、いや思わされたというべきか。
 次回予告がかなり煽ってるけど、これはとにかく、いったいどういう感じに惚れられる(?)のかが今から楽しみで仕方ない。

 [MAGIC] ゲートクラッシュ 

 ギルド門なんちゃらはやっぱり呼びにくいと実感。

 プレビューが始まり、シミック、グルール、ボロスのキーワード能力が公開されてるけど、どれもこれも弱い。
 そんなことを言うとRtRの各ギルドの能力も構築レベルでは微妙なのが多いので全体的にそういう調整なんだろうなと思ったり。
 ディミーアとオルゾフもそんなに期待しない方がよさそう。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #13 

 やはり怒涛の後継機ラッシュ。まだまだ続く。

・ハイペリオン
 もともといいイベントなんだけど、ここまで来るのに長くかかっただけあって感動もひとしお。Ver.Hもいい感じに仕上がってる。
 合体後のカラーリングのダサさも相変わらずだけど、スレイのおかげでやっと「集中」できるようになって強さが増したし、3人の掛け合いも楽しいし改めていい機体だなー。

・特異点崩壊
 ずっと地上ルートだったのでゲストとの絡みは少ないままだけど、何といっても十数年振りの「特異点崩壊」。
 ゼゼーナンの台詞にずっと反応しっぱなしだった。あまりにも懐かしい。
 シュウのドヤ顔とサフィーネの有能秘書っぷりが実にやばい。グランゾンはかなり強いし、ちゃんとチカもうるさいし、かなり満足。

・フフフ・・・・・
 強制イベントがもう隠す気なさすぎて吹く。「レヴ」とか「デッドエンド」とかやめてあげて。
 アッシュがバージョンアップしたら、背中にストライクシールド立てて、さながらニューかレジェンドみたいな感じになった。
 しかしながら、リョウト派である自分は今回のイング/アッシュ絡みのイベントはなんかちと冷めてて、第3次になったらちゃんとしたヒュッケも出すんだよな、リョウトが乗るんだよな、と念を押しておきたい所存。(やはり念動力Lv9は特別であってほしいぞ。イングもLv9だけどな)

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 12/17-12/23 

 GKの話とか、健太ガンバとか、澤登がやっと指導者になる(浜松大の監督)とか。
 いろいろと動きは活発化してるけど、正式発表まで書かないルールにしてるので文章は用意してるけど今週はスルー。


12/21 『20th ANNIVERSARY 1992-2012 THE CHRONICLE OF THE SHIMIZU S-PULSE』

1992年から2012年まで。
クラブ黎明期から、存続の危機、悲願のステージ優勝と涙のチャンピオンシップ、
ソックスから出すことのなかった"勇気の守護神”の手紙、
低迷と復活――。
オレンジの歴史が、膨大なデータと完全書きおろしの文章によって蘇る、究極の一冊。

【価格】
10,500円(税込)

【販売部数】
限定2,012部(シリアルナンバー入り) ※番号は選べません

【サイズ】
A4正寸/全226ページ/オールカラー/ブックケース入り/箔押し(ケース、表紙)

【内容】
●シーズンレビュー(1シーズンを各6ページで振り返ります)
●OB選手インタビュー(長谷川健太、堀池巧、斉藤俊秀、伊東輝悦、森岡隆三、岡崎慎司ほか)
●スペシャルインタビュー
川淵三郎初代Jリーグチェアマン、上川徹レフェリーインストラクター(1997年のエジウソン事件を振り返る)
鈴木與平名誉会長、早川巖特別顧問、竹内康人社長、江崎グリコ、日本航空、PUMA
●スペシャル対談(澤登正朗 vs シークレットゲスト ※お楽しみに!)
●ファン・サポーターが選ぶ「何でもS-1グランプリ!」結果発表
●育成組織、スタジアム、ゲームシャツ、パルちゃん、オレンジウェーブetc…
●歴代完全記録集ほか


 他クラブでも出すとこは出してたので、ああやっぱりという感じ。

 しかし高ぇ、でもほすぃ・・・・・・。
 後援会ポイントが使えるっぽいのでその分引けると考えるとお買い得かもしれん。うーむ。

 読んでみたい記事はいろいろあるけど、OB選手インタビューに岡崎がいるのが結構な驚き。やっと出禁解除された?

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #12 

 ツインの両方とも連続行動持ってるとターン最大3回動けるんだな、すげー。伊達に取得PP高いわけじゃないな。これにヒットアンドアウェイを組み合わせると凄い勢いで突き進んでいくユニットがいて気持ちいいぞ。

 話は進んで龍虎王になるところまで。
 わりとあっさりというか、龍人機あんまり使ってないなという感じ。かつてと違ってずっと主役で付き合うわけではないからどうしてもこういう印象になるんだろうな。
 しかし、これからしばらく1話ずつ機体パワーアップ話が続くのではないかという雰囲気ではある。

 雀武王、いずれこれこっちで運用できるのかね? 機体解説を読めば読むほど、タスクレオナ>ユウキカーラではあるが、あまりにも現段階で絡みがないのでOGシリーズ通してやる気がないかもしれない。真・龍虎王との兼ね合いもあるし、どうなることやら。

 トウテツ王のキモかっこよさは異常。つい戦闘シーンをガン見してしまう。キモい。でもいい。

 [DIARY] ビブリア×ゴーリキー 

 せめて付け毛しろよ

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #11 

 宇宙組と合流。編成がめんどい上に全員は出せない。
 そろそろ使う使わないをはっきりさせるべきなんだろうなー、と思いつつ、能力を見て回ってたら、ヨガ姉さんのSPの高さと補助精神の充実っぷりに戦慄した。グルンガスト参式のサブ確定か。


 なんかGバンカランとか出てきたんだが、とりあえず一言。
 兄貴の曲みんな同じじゃねーかw

 [DIARY] ちはやふる 

 1.子供会のかるた大会に参加するため、娘(小1)が練習中
 2.かるた+「ちはやふる」を全巻購入
 3.かるたブーム到来
 4.ランダム読みをしてくれるiPhoneアプリを購入(超便利!)
 5.ついに練習で娘に負ける ←イマココ

 このままでは親の威厳が保てないので、すぐさまリベンジしたった。
 しかし、子供の暗記力はやばすぎておそらく近いうちに勝てなくなるんじゃないかと思う。


 それにしても和歌は日本の心やねー。なんか心が落ち着く。

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 12/10-12/16 

12/10 ゴトビ監督続投

 カナダ代表監督のオファー云々とか、去年を思い出すようなこともあったけど、既定路線。
 今のクラブ方針(想像)に合致している人材(若手育成しながらある程度の賞金を取れる)なんだから、辞めさせる理由はなし。
 ・・・・・・つーか、あれだけ選手出しといて辞められたら詐欺。

 なんやかやあったけれども、本当の意味でゴトビ色を出せるのが来年、という期待を込めておく。

 育成もいいけど、ゴトビコネクションはもうないの? キャラみたいな掘り出し物のCF連れてきてよ。


12/11 高原退団

 来期構想にないのは途中から明らかだったので、やっぱりなという感じ。
 浩太を中心とした今期後半の体制に切替完了、ということなのだろうか。

 去年最後のエスパルス日記で書いたのは、小野、高原、ユングベリからの脱却を望む、ってことだった。彼らがいるといないとでは明らかにチームのクオリティに差があったし、まだまだ若手は頼りなかったし。
 そんな懸念をよそに、想像よりも早く世代交代が完遂されてしまったがためにこういう顛末になってしまったが、若い選手ばかりの中でまだまだ足りない部分を補ってほしいという思いもあったので残念。

 高原がいなかったらおそらく去年で降格していたと思っているので、とにかく感謝しかない。
 今年も前半戦の東京戦・鹿島戦でのパーフェクトカウンターは忘れられない思い出。
 小野はいずれ清水に来るかも、とは思ってたけど、彼はやっぱり磐田の選手というイメージが強かった。それでも、清水のユニフォームを着てくれたのは大きな意味があったなあと思う。

 国内外からオファーがあるということなので、今後の活躍を期待したい。まだできるはず。


12/13 大前応援企画

 公式の意気込みは凄い感じる。悪いことではないけど。
 反動、ってやつなんだろうなー、これ。


12/13 三吉退団

 トライアウトに出てたのでそういうことなんだろうと感じていたが、本日発表。
 岩下の件でスクランブル状態の中加入したということもあるんだろうけど、半年で非更新というのはなんともやるせない。
 どこか引っかかってくれてたらいいんだけど、どうなんだろう。

 今のところCBは、キャラ・平岡・村松・岡根を基本とするのかな。(犬飼と三浦は勘定に入れられないでしょ)
 手薄なポジションではあるので補強してほしいところなんだけど・・・・・・。

12/15 天皇杯 ×セレッソ大阪

 長居は鬼門すぎる。10年以上勝ってないはず。
 にしても、負け方が悪すぎるのでこれで終戦ってのは寂しい限り。

 とはいえ、今年もこれで終わり。
 最後くらいは口調も変えて、

 みなさん、お疲れ様でした。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #10 

 ラキ登場まで進む。ほんとにイメージがイースと丸被りだわ。声って重要。
 とりあえず戦闘シーンはいっさいスキップせずに堪能した。ぶっちゃけ弱いので気楽に観れるのも良かったね。

 漫画に出てきたキャラがふつーに会話しているのを見ると結構違和感がある。ニャンコとムラタもそうだけども。
 特典漫画の通りにトウマも出てきて笑った。早くライオウ出てこないかなあ。

 誰がイルイのお守をするのかについて答えが出た。冷静に見渡すと今回絡む相手が1名しかいないっぽいので適役なんだろう。

 かなりPP溜まってきたけど、今回のファーストチョイススキルって何なんだろう。再生編みたいに連続行動?

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #9 

 やっとメリオルエッセが出てきて本番(主観)っぽい雰囲気に。
 新参組が多くいるので、必然的(ラキに会うにはこっちいくしかない)に地上ルートへ。
 あまりにも地上の面子が濃すぎて逆に宇宙ルートって何するんだろうという気分になる。

 [BOOK] 「ソードアートオンライン(11) アリシゼーション・ターニング」@川原礫 

 珍しくキリトさんがチートっぽくなかったので盛り上がりに欠ける。レベル1スタートしてるアリシゼーション編だから当然だけど特に今回は繋ぎ全開の内容だった。
 最終的にカタルシスが得られればいいけど、まだまだ先っぽい雰囲気ではある。

 [GAME] スーパーロボット大戦UX 

 このタイミングの版権モノでハードごと買うってのはたぶんムリだな・・・・・・。
 3DSもいつかは買うのかもしれないけど。

 参戦作品にもあんまりときめくものはないし。
 デモンベインとかSDガンダム三国志とかは挑戦的だなとは思う。特に後者。ゾイドよりも衝撃的。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #8 

 アリエイル加入。声がかわいい。リョウトとツイン組ませて違いを堪能するのか? 機体性能的に強くしていいのかよくわからないのがネック。曲は途中のアレンジが原曲と違って戸惑う。主旋律がはっきりしている分、前の方がよかったかなあ。

 イングがアッシュ搭乗。もともと隠す気はない感じだったけど、曲すらGate of MagiusとTimeDiver系の合成みたいな感じでネタバレ臭満載。
 ぶっちゃけいきなりの「フフフ」で吹いた。今回因子が足りたら出てくるのはクボさんかな。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #7 

 24話。

 ゲスト出てきた。これ今回のサプライズ枠かー。第4次再現は次だと思ってけど一足早かったなあ。
 インスペクター四天王のもそうだけど、「ジェノサイド・マシーン」を聞くと過去のトラウマが蘇る・・・・・・。
 ライグゲイオス落とすのに結構てこずった。マキシマムブレイク様様。

 それにしてもゼブの声が後藤隊長(大林 隆介)じゃなくなってるのにはショックを受けた・・・・・・あの間延びした口調はあの人の声だからこそのような気がするんだけどな。
 ちなみに新担当はチョーさんだった。ワンワン乙。 (代役としては悪くない)

 クリア後は今作の悪役お披露目会になって苦笑。ゼゼ様が相変わらずの三流悪役過ぎて安心した。

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 12/03-12/09 

 リーグが終了し、移籍退団報道が本格化。
 全部を追うととんでもないことになるので、基本的に公式のリリースのみを追う予定。

12/03 Jリーグアウォーズ

 優秀選手に大前、ベストピッチ賞にアウスタ。
 ベストヤングプレイヤーで高木が可能性あるかなあと思ったけど、柴崎が受賞。ナビスコ決勝の印象が強かったかな。
 ただ、彼のコメントにもあるけど、決め手に欠ける選出ではあったと思う。
 高木ももうちょっと出場試合数稼いで、あと1点取って2桁乗っけてたら取れてたんじゃないかという印象。

12/03 河井の怪我

 大宮戦で負傷交代した河井の怪我が甲の疲労骨折でキャンプ開始までの復帰が微妙、とのこと。
 新加入にも関わらず酷使されてた感があったので、こういう結果になっても驚かない・・・・・・。
 ゆっくり治してまた走り回ってほしい。

12/03 ジミー退団

 すでに本人のツイッターで知ってたけど公式に。
 もともとCFタイプじゃないのに1トップで頑張ってたし、もっと早くナビスコとリーグで名古屋連戦したときくらいの状態になってたら、と思えど、助っ人として来てあの成績だったらこうなるのも仕方ない。
 とはいえ、ピッチ外では人柄が良い上にエスパルス愛全開だったし、本人が得点しなくても不思議と出た試合は負けなかったりしたので、ある意味ラッキーチャームのように愛されてたように思える。
 ほんと不思議と記憶に残る選手だったなー。今後も応援したい。

12/06 大前移籍

 ドイツ1部デュッセルドルフへ移籍決定。
 名残惜しいし戦力的に痛いが、既報通りなので覚悟はできてた。
 0円移籍は、「所詮タダで取ってきた選手」という扱いになっても文句は言えない、ダメだったらすぐにポイされてしまう厳しい環境だと思う(槙野や矢野がいい例だ)けど、もはや、がんばってこい、としか言えない。

 8日のイベントでは本人のあいさつがある模様。
 過去に何度も書いてるけど、クラブと選手の関係が良いままであればそれがひとつの財産だと思うので、こういう風に送り出せるなら気持ちの落とし所があって助かるね。

 [MAGIC] GP名古屋 

 1日目だけの滞在なのでやることは限られてたけど、久々に空気を楽しんできた。

・Rebeccaサインの列を舐めてた。もともとガチる気が薄かったのもあって1回並ぶだけにする。まあ10年前のお礼を通訳さん通して伝えられただけでも十分満足。天使トークンにサインしてもらったので、今後《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》はRebeccaのカードとみなす。
・キューブシールド予選はあれだけのものがかかってるのにデッキチェックなし交換なしは笑った。凄いわ。商品高いんだからちゃんと参加者を安心させるべきだと思う。
・サイドイベントドラフトは1パック目の出がよれてたのか知らんけど、自分イゼット、上ラクドスタッチ青、下青白赤均等3色とか殺す気満々で泣けた。できたのは壁まみれのファンデッキで当然1没。上上が緑白黒だしこれ上手く逃げる方法あったのかなあ・・・・・・。
・身内4ドラは4ドラの割りに強いイゼットが組めたけど、1戦目が単色事故*2で届かず、2戦目普通に回って勝ち。チームは負け。ちと悔やまれる。

 とにかく、一緒に回ってもらった方々に感謝。

 [MAGIC] GP名古屋前夜 

 準備はたぶんOK。ま、1日だけだし準備と言えるようなものでもないか。
 明日は早いのでとっとと寝ます。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #6 

 ヒュッケバインが作中でもバニシングしたんだけど、まさかリョウトは今回ずっとアーマリオン? 量産試作3号機とかいうテキストあるけど、それが最後の1機ってことか?(エクスバイン除く) ちと不安。

 DとMX勢ばかりに目がいって教導隊面子をあまりちゃんとみれてなかったのだけど、ツインバードストライクのトドメ演出に爆笑した。
 なんか今回のアニメは冗長であんまり好きではなかったんだけど、これ観て考えなおした。
 Dの必殺技用BGM仕様に合わせたのか、ツインバードストライクのときだけ「Wild Flug」が流れるのもいい変更。どちらかといえば「Ace Attacker Ver.W」が好みの曲なのでこの仕様の方がしっくりくる。

 あとラミアは素で言語崩壊(?)がひどくてかなりの確率でアシェン化するんだけど、何がなんだか。

 撤退ボスを落とすのにマキシマムブレイクが必須っぽいので、編成どうするかなあという感じ。(2体+援護でも現時点で2万一発で削るのはきつい・・・・・・)
 サーベラスじゃなくてガルムレイドにすべきかもしれないなあ。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #5 

 やっとラ・ギアス抜けた。

 18話。
 エクサランスは精神3人分だけど台詞5人分なので戦闘が楽しい。前作で物議を醸したミズホだけど、これ上達してんのかな・・・・・・。
 妖機人はキモい。龍虎王伝奇はまあこんなんばっかだけど、それにしたって直視し難い仕上がり。がんばりすぎ。
 まあ一番のポイントである某キャラは・・・・・・出てくるのは妥当なんだけど相変わらず幸薄そう。

 19、20話
 DとMXの新規参戦組登場。
 MX組は相変わらずの仲の良さ(笑)。アクアのノリツッコミ具合とか非常に懐かしい。このコンビやっぱいいわ。
 Dはインターミッションからして台詞回しが仕様通りの富野節全開。こうじゃなくちゃね。ただ、ジョッシュの戦闘曲のループ箇所が変わってて違和感あり。曲自体はいいアレンジだと思うけど何故変えたし。

 新規組はスタメン確定なので溜めたお金はいったん放出。とはいえ、サーベラスとガルムレイドはどっちを使うべきか悩み中。現状はスーパー成分が足りない面子ではあるけど。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #4 

 17話。ラ・ギアス最終戦。

 「ブローウェル・カスタム」=恐怖と刷りこまれているので登場時点で異常にビビるも、今作のはさすがにフツーだった。助かった。
 それよりもSRポイントを取るために突っ込んでいくと襲いかかってくるツインユニットの群れと2回行動してくるデュラクシールがやばかった。
 さすがに適当な改造だとポイント取れなさそうなので、やり直してサイバスター無双で挑む羽目に。

 衝動に駆られて動画サイトで少しネタばれを観るも・・・・・・バレキャラ2人目でそっと閉じた。
 動画サイトでもかなりくるものがあるので、全部観ちゃうのはもったいない。

 [GAME] 第2次スーパーロボット大戦OG #3 

 15話。まだラ・ギアス脱出できず。昔ほどゲームに時間使えるわけがなくもどかしいね。

 魔装2でも十分満足してたけど、やっぱ戦闘アニメは2Dがいい。ドット最高。
 ついつい魔装勢は戦闘アニメを見てしまうけど、中でもセニア推しとしては、ぐねぐね動くノルスと魔装2で追加された専用曲収録でお腹いっぱいになった。

 サイバスターとアルテリオンだけしか改造してないけど、結構頑張れる。
 無改造だとそれなりに装甲のあるアーマリオンとかR2、ラーズが強い。(ヒットアンドアウェイ技能が強いのかもしれない)

 [SOCCER] 週刊清水エスパルス 11/26-12/02 

 今週も日曜を残して更新。歴史的な1日だと思う。

11/29 金崎に踊る

 名古屋の金崎の退団が確実。欧州移籍有力だが、ダメなら国内有力は清水、との報道。

 ふむ。

 大前のドイツ移籍が実現したらポジション的にも合致するし、縁というとこなら原強化部長(元大分)とか滝川二高絡みとか思い当たる部分もないわけでなし。

 ちなみに金崎の代理人は、香川のドイツ移籍を手引きして昨今の大ブームの火付け役となったクロート氏。
 どうも公式オファーが無さそうな雰囲気なので今期終了後に海外でテスト、合格しなかった場合の保険で国内、という流れかな。

 ただ、この件は大前移籍が前提だろうし、そうなると結局戦力としてはややマイナスとなるわけだ。
 どちらにせよ、やっぱ0円はあかんな。0円反対。


12/01 J1 34節 ×大宮アルディージャ

 0-0 勝ち点49 9位
 以上
 今日は正直それどころではなかった。

12/01 いちJリーグファンの最終節所感

 新潟が奇跡を起こし、ガンバと神戸が降格した。

 ガンバ×磐田を観てたけど、気持ちの入りまくったいい試合だった。
 横にいたヨメは磐田がんばりすぎ、と言ってたけど、確かに情け容赦ないガチっぷりではあった。
 前田デスゴール伝説は本当に強力な呪いらしい。
 来年、磐田に当たるのはできるだけ遅めでお願いしたい。

 それにしてもガンバと神戸。
 くしくも西野監督が関わって、監督問題でごたごたした2チーム。
 監督選びを慎重にしないとどんな強豪でも足元をすくわれるということ。
 まだ清水は踏ん張れているなと思う。

 (ガンバがこんなことになってJSPはどういうことになるんだろうな、そこはかなり興味がある。そして岩下の処遇は?)

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。