calendar

          08« 2012/09 »10          
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 SOCCER] 週刊清水エスパルス 9/24-9/30 

 完全な思いつき。
 結局、サッカーの話題って自分の憂さ晴らしという自覚があるので、週1で好きなだけ書くことにした。
 さて、いつまで続くだろうか。

09/25 新加入選手
 慶応大学(藤枝東)の藤田息吹(DF、MF)の内定発表。
 手薄なサイドバックとして期待の選手。やはり河井や石毛をSBで使わないといけないような事態はできるだけ避けてほしいし、即戦力として期待したい。
 河井・村松に続き、藤枝東出身が増えてきたのは時代の流れを感じる。

09/28 退団その1
 アレックスがUAEのアルアインに移籍。
 まさか中東マネーが清水にも来るとはね。
 名古屋のケネディとの交渉決裂でアレックスに白羽の矢が立ったみたいなんだけど、実際、あと半年の契約で移籍金どれだけ取れたんだろう。たくさんもらえてるならまだ溜飲は下がるけど、どちらにせよ、応援する側としては今シーズン残りのモチベが下がるのは否めない。
 時節柄、今はあまりお隣色を強めてほしくないと感じているので、その面でもちょっと不安。
 (とはいえ、ゴトビ、原ラインだとどうしてもお隣色強くなるよなあ・・・・・・)

 その後、退団コメントを観た。目から汁が出そうになった。
 アレックス自体のお給料もあがるみたいだけど、清水に入る移籍金のことも考慮してくれたとかほんとに泣ける。ボスナーもそうだったけど、オーストラリアの選手はいいやつばっかだ。
 移籍先での活躍を祈願。W杯予選も引き続き応援する。

 退団その2
 小野が噂どおりオーストラリアへ移籍するようだ。
 岩下の件があったので、今期終了後の退団はあるかもと思ってたけど、この時期にオーストラリアというのはさすがに予想外だった。
 色々と思うところもあるけど、正式発表になったら書くことにする。

 あとはやはり他のサポーター諸氏の反応が気になる。
 清水の地元では圧倒的に人気がある選手なので集客にひびくんじゃないだろうか。
 枝村でも結構なインパクトがあったと思うんだけど、さらに小野までいなくなった結果、地元が冷めた雰囲気になってしまわないかどうか、心配。

09/30 J1 28節 ×ベガルタ仙台
 上の2人のことがあったので、選手たちがどういうモチベーションでいるのかが凄く気になる一戦となった。
 結果は、仙台の方でいろいろあったけども、3-1で勝利。
 相性というのは結構ばかにならないなと感じる。
 岩下移籍直後の広島戦に続き、こういう試合で勝った選手のがんばりに敬意を表したい。

 これで勝ち点を41にまで伸ばし、激烈になっている残留争いの影からはほぼ抜け出した形になったのも素直に喜ばしい。

 ヒョンソンの2ゴールと瀬沼のリーグ初得点。ヒョンソンの延長があるなら、来期は非常に期待できる組み合わせだと思う。
 この2人の2トップは相性が良さそう。3トップが基本ではあるけど、オプションとしては装備しておくべきじゃないかと。
 ただ、ヒョンソンは日本でやっていくならもうちょっとコンタクトの荒さを改善してほしいところではある。その辺はキジェも一緒で、2人ともちとカードもらいすぎだよなあ。その辺が上手くなったらもっといい選手になると思う。

スポンサーサイト

 [MAGIC] RtR ドラフト考 青赤 

【青】
生物
 1マナ
 U 青 2/1 飛行 自分の生物1体バウンス必須
 2マナ
 C 青1 2/1 ライブラリ破壊  
 C 青1 0/4 防衛 ライブラリ破壊
 3マナ
 C 青2 0/6 防衛 飛行
 C 青2 2/2 カササギ
 C 青2 2/1 飛行 WでタフネスUP
 4マナ
 U 青3 1/3 青2T:1体を-2/0
 C 青3 2/2 飛行、死んだら1ドロー
 U 青3 2/1 ブロックされない 留置
 5マナ
 C 青4 1/4 バウンス
 6マナ
 C 青5 3/3 飛行、留置
 U 青青4 3/4 飛行、瞬速
 1マナ
 C 青 インスタント 1体タップ 超過:青3
 C 青 インスタント 1体に-4/0 超過:青2
 C 青 インスタント 1体に0/+1と呪禁 超過:青1
 2マナ
 C 青1 ソーサリー 1体を留置、1ドロー
 3マナ
 C 青2 エンチャント 寝っぱ
 4マナ
 C 青3 インスタント 2ドロー

【赤】
生物
 1マナ
 C 赤 1/1 赤1:+1/0
 2マナ
 C 赤 2/1 解鎖
 3マナ
 C 赤2 2/2 解鎖、先制 
 U 赤2 2/2 インスタントorソーサリーで相手に2点
 C 赤2 0/4 防衛、T:相手に1点、多色呪文でアンタップ
 C 赤2 2/1 CIPで1枚捨てて1枚引いてもよい
 4マナ
 C 赤3 5/2
 U 赤赤2 4/3 解鎖、トランプル
 5マナ
 C 赤4 4/3 CIPでアーティファクト破壊
 6マナ
 C 赤5 5/4 速攻
 7マナ
 U 赤6 6/2 先制、速攻

スペル
 1マナ
 C 赤 インスタント 生物1点火力、赤1:超過 
 C 赤 インスタント +2/0、赤2:超過
 2マナ
 C 赤1 エンチャント +2/+2、青:飛行
 3マナ
 C 赤赤1 インスタント 3点火力
 4マナ
 C 赤3 ソーサリー パクってアンタップ・速攻・+2/0
 5マナ
 U 赤赤3 ソーサリー 1/1トークン*4
 6マナ
 C 赤5 インスタント 5点火力
 Xマナ
 U 赤X 飛行を持たない生物にX点、赤赤XX:超過

【青赤】
生物
 2マナ
 U 青赤 2/2 ソーサリーとインスタントが軽くなる
 U 青赤 2/2 ギルドメイジ 青赤1:ドロー&ディスカード、青赤2:自分のインスタントorソーサリーをコピー
 3マナ
 U 青赤1 0/3 瞬足、速攻、ティム

スペル
 2マナ
 C 青赤 インスタント -2/0、攻撃強制 青赤3:超過
 U 青赤 インスタント 魔除け 2マナリーク、2点、2枚ドロー2枚捨て
 U 青赤 ソーサリー +1/0、ブロックされない 青赤3:超過
 6マナ
 U 青赤4 インスタント 4枚ドロー、2枚ディスカード

【ハイブリッド】
生物
 1マナ
 U 青 1/1 飛行
 U 赤 1/1 解鎖
 U 青/赤 1/1 ソーサリーorインスタントで+1/+1、アンタップ
 2マナ
 C 青/赤青/赤 1/4 青/赤:+1/-1
 C 赤赤 2/1 速攻
 3マナ
 C 青青1 2/2 飛行



・感想

 赤メインタッチ青。じゃないと生物が貧しすぎる。
 そして何度見てもアンコモンのティムは意味不明に強そう。
 赤解鎖はやっぱりパワフルなんで数が揃ってたら、除去+バウンスでマウント取れるかな、と思ってたら、青単色のバウンスにろくなのがなかった。
 攻撃強制とか、ブロックできないとか、超過で逆転要素のあるカードは魅力的。5マナなら十分打てる。
 とはいえ、やはり全体的にちょいと厳しいプール。

 まさか白青タッチティムとか、黒赤タッチティムとかなの?
 マナバランス崩してまでやる価値あるのかどうか。やる価値があるようなら、それがすなわち3色推奨環境ってことなんだろう。

 [BOOK] 「グインサーガ・ワールド(5)」 

 やっぱり既存の人物が動く様は感慨深かった。
 キャラクターや世界観を大事にしてくれるなら、十分に「グイン・サーガ」になると感じられた。
 ということで、ある程度納得できたので、今後も追っかけることに決定。
 関係諸氏には、がんばってください、と言いたい。

 「パロ編」(五代ゆう)
 話の筋がちょっと予想外の展開になっててびっくりした。
 あとはイシュトヴァーンとその周辺の人間模様とかへかなり詳細に突っ込んでたのも印象的で、一発目でここまでやるのはかなり意欲的だと思う。(正直、納得できないひとも出ると思う)

 細かいけど、冒頭の賭博シーンとかで「ツキの女神」って言葉をグイン世界の言葉に置き換えなかったりするとこは「作法」にのっとってほしかったかなという気はする。
 まあ、不満点はそんなもんで、最後のヒキの部分といい今後の展開が楽しみ。(予想される内容は破滅的だけどイシュトヴァーンだししかたない)

 「ケイロニア編」(宵野ゆめ)
 冒頭のおばちゃんの語りがいかにも栗本の弟子っぽい感じがする。御大の末期も大概くどかったけど、そういうところはあんまり真似せんでもいいのにな。
 なので、五代ゆうに比べると、御大への敬意というか文体の模写っぽい部分があるように感じた。(言葉の選び方とか、食べ物の描写とかが非常にそれっぽい)
 おかげで非常に「グイン」っぽい雰囲気が出てるのでそこは素直に評価できる。
 デビュー当時よりも格段に読めるようになってると感じたけど、それがすでにある世界の枠のおかげかどうかよくわからないので、ここはワールドの2~4もちゃんと読んでから判断したい。


 パロ編はすんなり前の状況が思い出せたけど、ケイロニアは現在と「七人の魔道士」との相違点とか、あとはグインの記憶に関するところとか時間軸が曖昧になっちゃってるので復習が必要だなあ。
 ・・・・・・どっかにまとめとかないかな。

 [MAGIC] RtR ドラフト考 緑白 

 正直、疑いの眼で見ているコンビネーション。


【緑】
生物
 1マナ
 C 緑 0/1 緑2:生贄で3/3トークンを出す
 2マナ
 C 緑1 2/2 緑5:活用
 C 緑1 0/2 防衛、CIPで基本地形か門をサーチ
 3マナ
 C 緑2 0/3 防衛、防衛の数だけ好きな色のマナを出す
 C 緑2 3/2 黒2:再生
 U 緑2 1/2 相手のターン時、アンタップ状態の生物呪禁
 U 緑2 3/1 警戒
 4マナ
 C 緑緑2 3/3 トランプル、緑緑5:活用
 C 緑3 2/4 到達
 U 緑3 2/2 ルアー、緑緑3:活用
 5マナ
 C 3/4 呪禁
 U 3/3 緑、他の生物生贄:+1/+1カウンターを置く
 7マナ
 C 緑6 6/7
 U 緑緑5 5/5 到達、トランプル

スペル
 1マナ
 C 緑 インスタント 巨大化
 2マナ
 U 緑1 インスタント +2/+2、アンタップ
 C 緑1 インスタント Fog、居住
 3マナ
 C 緑2 インスタント 飛行破壊、2ライフ
 4マナ
 C 緑3 インスタント 生物数ジャイグロ
 U 緑3 ソーサリー 基本地形3枚を手札に
 8マナ
 C 緑7 ソーサリー 4/4トランプルトークン、居住
 Xマナ
 U 緑X X/Xトークン 

【白】
生物
 2マナ
 C 白1 2/1 留置
 C 白1 1/3 飛行
 C 白1 2/2 エンチャント破壊
 U 白1 1/1 二段攻撃
 3マナ
 C 白2 3/2 緑5:再生
 C 白2 1/2 1/1飛行トークン1個
 C 白白1 2/3 飛行
 4マナ
 C 白3 1/1 飛行、居住
 U 白白2 2/2 留置*2
 U 白3 2/3 トークン+1/+1
 C 白3 2/5 門があると警戒

スペル
 1マナ
 C 白 インスタント +1/0、先制、ライフリンク
 C 白 エンチャント +1/+1、先制
 3マナ
 C 白2 インスタント ダメージ与えてたら破壊
 C 白2 インスタント 自陣の生物は破壊されない、居住
 U 白2 土地エンチャント 2/2トークン1個、土地T:本体1点軽減
 U 白2 《拘引/Arrest》
 4マナ
 C 白3 インスタント 1/1飛行トークン、居住
 5マナ
 C 白4 エンチャント +2/+2、警戒、2/2トークン1個
 6マナ
 C 白5 インスタント 1体を追放、居住

【緑白】
生物
 2マナ
 U 緑白 2/2 緑白4:3/3トークン、緑白2:居住
 3マナ
 C 緑白1 3/3、3ライフ
 7マナ
 U 緑白5 8/8 警戒

スペル
 2マナ
 U 緑白 インスタント 魔除け、+2/+2トランプル、パワー5以上の生物破壊、2/2警戒トークン
 U 緑白 インスタント 3/3トークン
 3マナ
 C 緑白1 インスタント 対象2つに+1/+1カウンター(重複可)
 6マナ
 C 緑白4 ソーサリー 3/3トークン、居住

【ハイブリッド】
生物
 1マナ
 C 緑 1/1 0:活用
 U 緑/白 2/1 ドライアド
 U 白 1/1 飛行
 2マナ

 3マナ
 C 白白1 2/2 飛行
 5マナ
 C 緑緑3 5/4

・感想

 素のサイズはラクドスとそう変わらないので色のメリットが薄いイメージ。
 ただ、さすがに緑白1のインスタントはやばいと思う。
 テーマである居住についてだけど、トークン発生カードが想像よりも不作。フォグ系居住が強いと思えるくらいにきっちり取れてるのが理想なのかなあ。
 結局、前ラヴニカ時代みたいに、黒除去タッチしそう。
 除去タッチするならマナフィックスせねばならんので、加速からデカブツってこの組合わせが適してるかもね。それなら白5の除去は普通に運用できそう。

 [BOOK] グインサーガのその後 

 栗本薫没後の展開として始まった「グインサーガ・ワールド」だけど、「世界は一緒だけど、本編とほぼ関係ない話」という最初の目論見については、1巻の読後にコンセプトに相いれないものを感じ、2巻は買ったけど未読、3・4巻は未購入という状態になった。一応、4巻でこれらのお話は完結したようなのだが、正直、興味を失ってた。

 しかし、5巻からはついに「本編の続き」と銘打ってきた。
 本編はミロク教の本拠地であるヤガにてフロリー親子とヨナ大ピンチってとこで断筆してたけど、今回は素直にその続き、ではなく、同時間軸の「パロとイシュトヴァーン」「7人の魔道士後のケイロニア」からスタートするようだ。

 気になる作者は、パロ編が五代ゆう。ケイロニア編は宵野ゆめ(ワールド1巻でデビューした栗本の弟子)。

 さすがにこのコンセプトであれば買わない理由がない。
 弟子の力量についてはあえて判断しないようにしようと思うけど、五代ゆうのグインサーガってのは少し期待していいかもしれない。
 これがある程度納得できるようであるなら、今後の読書人生にとって良きものになりそうな気がする。

 また感想は別途。

 [MAGIC] RtR ドラフト考 緑黒 

 黒を調べ直さなくていいから楽になった。

【緑】
生物
 1マナ
 C 緑 0/1 緑2:生贄で3/3トークンを出す
 2マナ
 C 緑1 2/2 緑5:活用
 C 緑1 0/2 防衛、CIPで基本地形か門をサーチ
 3マナ
 C 緑2 0/3 防衛、防衛の数だけ好きな色のマナを出す
 C 緑2 3/2 黒2:再生
 U 緑2 1/2 相手のターン時、アンタップ状態の生物呪禁
 U 緑2 3/1 警戒
 4マナ
 C 緑緑2 3/3 トランプル、緑緑5:活用
 C 緑3 2/4 到達
 U 緑3 2/2 ルアー、緑緑3:活用
 5マナ
 C 3/4 呪禁
 U 3/3 緑、他の生物生贄:+1/+1カウンターを置く
 7マナ
 C 緑6 6/7
 U 緑緑5 5/5 到達、トランプル

スペル
 1マナ
 C 緑 インスタント 巨大化
 2マナ
 U 緑1 インスタント +2/+2、アンタップ
 C 緑1 インスタント Fog、居住
 3マナ
 C 緑2 インスタント 飛行破壊、2ライフ
 4マナ
 C 緑3 インスタント 生物数ジャイグロ
 U 緑3 ソーサリー 基本地形3枚を手札に
 8マナ
 C 緑7 ソーサリー 4/4トランプルトークン、居住
 Xマナ
 U 緑X X/Xトークン

【黒】
生物
 2マナ
 C 黒1 1/1 解鎖、黒1:再生
 C 黒1 1/1 飛行、ライフリンク
 U 黒1 2/2 (能力無視)
 U 黒1 1/2 解鎖、接死
 3マナ
 C 黒2 2/3 解鎖
 C 黒2 2/1 沼渡り、黒2:活用
 4マナ
 C 黒3 4/4 防衛、門があれば防衛なくなる
 C 黒黒2 0/4 黒1:+2/+2
 U 黒3 2/2 飛行、死んだらライブラリトップへ
 U 黒3 4/2 CIPでお互い1体生贄
 6マナ
 U 黒5 3/3 飛行、黒黒2:活用
 7マナ
 C 黒6 5/5 黒6:活用

スペル
 1マナ
 C 黒 エンチャント +2/+1、赤:トランプル
 2マナ
 U 黒1 インスタント 単色1体破壊
 3マナ
 C 黒2 ソーサリー 2枚手札破壊
 C 黒2 エンチャント -2/-2、アップキープに2点ルーズ
 4マナ
 C 黒3 ソーサリー 生物1体生贄:1体破壊、2点ルーズ
 6マナ
 U 黒黒4 ソーサリー 1体破壊、1枚手札破壊

【黒緑】
生物
 2マナ
 U 黒緑 2/2 ギルドメイジ 黒緑1:生物に+1/+1と威嚇、黒緑2、トークンでない生物を生贄:生贄のタフネス分の1/1苗木
 3マナ
 C 黒緑1 1/4 防衛、到達、黒緑1:再生
 4マナ
 C 黒緑2 2/2 接死、黒緑1:活用

スペル
 2マナ
 U 黒緑 インスタント 魔除け すべての生物-1/-1、エンチャント破壊、自陣の生物全部を再生
 C 黒緑 インスタント 5枚公開し、生物か土地1枚を手札、残りを墓地
 U 黒緑 ソーサリー 墓地のカード1枚を手札に
 6マナ
 U 黒緑4 ソーサリー 1体に+3/+3、1体に-3/-3

【ハイブリッド】
生物
 1マナ
 C 黒/緑 1/1 0:活用
 U 黒 1/1 解鎖
 U 緑 2/1 ドライアド
 2マナ
 C 赤赤 1/4 赤:+1/-1
 C 黒黒 2/1 速攻
 5マナ
 C 黒/緑黒/緑3 5/4

【ア-ティファクト】
 3 U 黒緑魔鍵 黒緑:2/2接死

・感想

 黒緑マルチがコモンから神話に至るまで強力。上下と強調できたら旨みがありそう。

 これで一応一通りのカードに目を通したけど、今回は4マナ5マナの層が薄く、代わりにそれなりの6、7マナのカードが用意されてるので、マナを伸ばしてこれらを使うという戦略が取れるかどうかは興味深いテーマ。(素直に組んだら留置に分が悪そうではあるけど) 
 活用もかなりマナ食いっぽいので、緑のマナ関連がどれだけ点数上がることになるのかに注目。  

 [BOOK] 「ゲート(5)」@柳内たくみ 

 最終巻なのに主人公の存在が薄かった・・・・・・。

 キャラ出し過ぎた反動だと思うけども、話の方向が主人公の立ち位置以上の出来事(主に政治と戦争)がメインになっちゃたからしょうがないのか。
 読み始めたころはあんなに主人公とその取り巻き娘どもが気に入らない気に入らないと思っていたような気がするんだけど、最終的にはあれで十分楽しんでいたんだなと実感した次第。

 振り返ってみると序盤の異世界探索の部分が一番面白かったんで、今回空白になってる特地側の4年間で外伝が読みたいところ。(時間の流れが違うとか言われたら拍子抜けするかもしれんが可能性は高い)

 [MAGIC] RtR ドラフト考 黒赤 

 なんというか、レシオおかしいだろーという生物が多い。こんなのと殴りあう環境ってはたして大丈夫なんかな。
 
【黒】
生物
 2マナ
 C 黒1 1/1 解鎖、黒1:再生
 C 黒1 1/1 飛行、ライフリンク
 U 黒1 2/2 (能力無視)
 U 黒1 1/2 解鎖、接死
 3マナ
 C 黒2 2/3 解鎖
 C 黒2 2/1 沼渡り、黒2:活用
 4マナ
 C 黒3 4/4 防衛、門があれば防衛なくなる
 C 黒黒2 0/4 黒1:+2/+2
 U 黒3 2/2 飛行、死んだらライブラリトップへ
 U 黒3 4/2 CIPでお互い1体生贄
 6マナ
 U 黒5 3/3 飛行、黒黒2:活用
 7マナ
 C 黒6 5/5 黒6:活用

スペル
 1マナ
 C 黒 エンチャント +2/+1、赤:トランプル
 2マナ
 U 黒1 インスタント 単色1体破壊
 3マナ
 C 黒2 ソーサリー 2枚手札破壊
 C 黒2 エンチャント -2/-2、アップキープに2点ルーズ
 4マナ
 C 黒3 ソーサリー 生物1体生贄:1体破壊、2点ルーズ
 6マナ
 U 黒黒4 ソーサリー 1体破壊、1枚手札破壊

【赤】
生物
 1マナ
 C 赤 1/1 赤1:+1/0
 2マナ
 C 赤 2/1 解鎖
 3マナ
 C 赤2 2/2 解鎖、先制 
 U 赤2 2/2 インスタントorソーサリーで相手に2点
 C 赤2 0/4 防衛、T:相手に1点、多色呪文でアンタップ
 C 赤2 2/1 CIPで1枚捨てて1枚引いてもよい
 4マナ
 C 赤3 5/2
 U 赤赤2 4/3 解鎖、トランプル
 5マナ
 C 赤4 4/3 CIPでアーティファクト破壊
 6マナ
 C 赤5 5/4 速攻
 7マナ
 U 赤6 6/2 先制、速攻


スペル
 1マナ
 C 赤 インスタント 生物1点火力、赤1:超過 
 C 赤 インスタント +2/0、赤2:超過
 2マナ
 C 赤1 エンチャント +2/+2、青:飛行
 3マナ
 C 赤赤1 インスタント 3点火力
 4マナ
 C 赤3 ソーサリー パクってアンタップ・速攻・+2/0
 5マナ
 U 赤赤3 ソーサリー 1/1トークン*4
 6マナ
 C 赤5 インスタント 5点火力
 Xマナ
 U 赤X 飛行を持たない生物にX点、赤赤XX:超過


【黒赤】
生物
 2マナ
 U 黒赤 2/2 ギルドメイジ 赤黒:ブロック生物に-1/-1、黒赤:ライフを失ったプレイヤーに1点
 3マナ
 U 黒赤1 3/2 解鎖、黒赤2:自分をサクってパワー分ダメージ
 5マナ
 U 黒赤3 3/3 速攻、ライフリンク
 C 黒赤3 5/3 解鎖
 6マナ
 U 黒赤4 3/1 先制、黒:再生、戦闘ダメで1枚ランダム手札破壊

スペル
 2マナ
 U 黒赤 インスタント 魔除け 墓地追放、アーティファクト破壊、各生物はそれぞれのコントローラーに1点与える
 3マナ
 C 黒赤1 インスタント 1体に+4/-4


【ハイブリッド】
生物
 1マナ
 C 黒 1/1 0:活用
 U 黒/赤 1/1 解鎖
 U 赤 1/1 ソーサリーorインスタントで+1/+1、アンタップ
 2マナ
 C 赤赤 1/4 赤:+1/-1
 C 黒/赤黒/赤 2/1 速攻
 5マナ
 C 黒黒3 5/4

【ア-ティファクト】
 3 U 黒赤魔鍵 黒赤:3/1先制
 1 C サーベル 装備1 1色につき+1/0


・感想

 除去だけ摘まれる前提でスペルは考えないといけないだろうけど、普通に強そう。
 3マナダブルコストが3点火力くらいしかない。半々くらいのマナベースでも回りそう。
 2、3と解鎖キャストして4ターン目に4/4防衛でも十分強い回りに見えるが、そう上手くいくかな。ただ、1ターン目か5ターン目に門を置いても全く問題ない作りにはなりそう。
 地上はタフネス4が結構多い。ビートはそこを突破する構築が求められる。トランプル付くエンチャントはバカにならないんじゃないか。

・レアについて

 青白を見た後なので、でかくて軽くて飛んでるのはひどいと思った。

 [MAGIC] RtR ドラフト考 白青 

 昨日赤黒からって書いたのに、スポイラーが白からだったのでこっちからにした。
 こういうのでレアは考慮しないのが個人的ルール。
 あと、他のプールを見てないので環境理解についてはまだまだ。

・プレイアブルっぽいカードリスト。

【白】
生物
 2マナ
 C 白1 2/1 留置
 C 白1 1/3 飛行
 C 白1 2/2 エンチャント破壊
 U 白1 1/1 二段攻撃
 3マナ
 C 白2 3/2 緑5:再生
 C 白2 1/2 1/1飛行トークン1個
 C 白白1 2/3 飛行
 4マナ
 C 白3 1/1 飛行、居住
 U 白白2 2/2 留置*2
 U 白3 2/3 トークン+1/+1
 C 白3 2/5 門があると警戒
スペル
 1マナ
 C 白 インスタント +1/0、先制、ライフリンク
 C 白 エンチャント +1/+1、先制
 3マナ
 C 白2 インスタント ダメージ与えてたら破壊
 C 白2 インスタント 自陣の生物は破壊されない、居住
 U 白2 土地エンチャント 2/2トークン1個、土地T:本体1点軽減
 U 白2 《拘引/Arrest》
 5マナ
 C 白4 エンチャント +2/+2、警戒、2/2トークン1個
 6マナ
 C 白5 インスタント 1体を追放、居住


【青】
生物
 1マナ
 U 青 2/1 飛行 自分の生物1体バウンス必須
 2マナ
 C 青1 2/1 ライブラリ破壊  
 C 青1 0/4 防衛 ライブラリ破壊
 3マナ
 C 青2 0/6 防衛 飛行
 C 青2 2/2 カササギ
 C 青2 2/1 飛行 WでタフネスUP
 4マナ
 U 青3 1/3 青2T:1体を-2/0
 C 青3 2/2 飛行、死んだら1ドロー
 U 青3 2/1 ブロックされない 留置
 5マナ
 C 青4 1/4 バウンス
 6マナ
 C 青5 3/3 飛行、留置
 U 青青4 3/4 飛行、瞬速
 1マナ
 C 青 インスタント 1体タップ 超過:青3
 C 青 インスタント 1体に-4/0 超過:青2
 C 青 インスタント 1体に0/+1と呪禁 超過:青1
 2マナ
 C 青1 ソーサリー 1体を留置、1ドロー
 3マナ
 C 青2 エンチャント 寝っぱ
 4マナ
 C 青3 インスタント 2ドロー

 カウンターは、青Xと青青1

【白青】
生物
 2マナ
 U 白青 2/2 ギルドメイジ 白青:飛行付与、白青3:留置付与
 3マナ
 U 白青1 3/1 飛行、留置
 4マナ
 C 白青2 2/4 瞬速、警戒
 U 白青2 3/3 飛行、攻撃時に敵のパワー2以下の生物を1体バウンス

スペル
 2マナ
 C 白青 インスタント バウンス、2ライフ
 U 白青 インスタント 魔除け 1ドロー、味方全員ライフリンク、攻撃orブロックを1体バウンス

【ハイブリッド】
生物
 1マナ
 U 白 2/1 ドライアド
 U 青 1/1 ソーサリーorインスタントで+1/+1、アンタップ
 U 白/青 1/1 飛行
 2マナ
 C 青青 1/4 青:+1/-1
 3マナ
 C 白/青白/青1 2/2 飛行

【ア-ティファクト】
 3 U 青白魔鍵 白青:2/2飛行化
 1 C サーベル 装備1 1色につき+1/0

・感想

 このカラーの組合せだと、白タッチ青になりそう。3マナ2/3とか塔のドレイクが存在し、青青を要求するカードが少ないので、青を濃くするメリットがあまりない。2ターン目に白青、3ターン目に白白がほしいというマナバランス。
 平地10、島7のバランスでいいと思うけど、1マナですることがほとんどないので門は普通に強そう。
 3マナ以降は飛行ばかり。飛んでない方が珍しい。
 その代わりに2マナが薄い。留置の2/1はできれば温存したいだろうし、それ以外のカードが重要になりそう。序盤で相討ちとらない戦略が大丈夫かどうかはわからんけど、いっそのことここを壁にしてしまって3マナから飛行連打もあり?
 ダメージレースとなった場合に留置だけでなんとかなるのか。コモンの留置で質がいいのは限られてるので枚数が取れないかも? 超過タップは強いだろうけど、超過-4も必要になるか。
 土地16にできるかどうかは環境速度による。6マナ(白の除去、青の飛行)は戦力としてみられるレベルにあるのか?
 装備品がサーベルしかなく、タフネスを上げるのはエンチャント頼みってのは珍しい。


・レアについて

 でかい+飛んでる
 除去

 くらいしかないので考察に影響はなさげ。
 上の話の延長でいくと、白白で2/2先制のやつはかゆいとこに手が届く感じで好ましい。

 [MAGIC] RtRフルスポイラー 

 を眺めてリミテッドの構成を練る算段。

 参考までにラヴニカ当時の自分の日記を紐解いてみたら、当時の記憶がだんだんと蘇ってきた。
 (昔はソートマニアでそっち方面まで突っ込んで考えてて、やる気の違いが感じられる。あと普通にスタンダードやっててえらいと思った)

 ・白赤=速攻(大好き)
 ・緑白=トークン戦略とデカブツ高速召喚(タッチ黒あり)
 ・青黒=コントロール(+ライブラリアウト)
 ・緑黒=中途半端(タッチ白あり)
 ・その他=マニアの領域

 結局、緑は緑白、緑黒で連続しているので双方タッチがしやすかった。でも緑黒タッチ白よりははるかに緑白タッチ黒除去が優位だったので、緑黒メインってのはあんまり記憶がない。
 緑でなければギルドカラー2色が安定。
 当初は赤白ビート、こなれてきたら青黒を好んでたみたいだ。

 今回がどうかはともかく、過去の事例からしてまず2色の構築から模索すべきかと思う。
 もし3色推奨環境だったとしても、2色でビートが組めればだいたい強いのはこれまた過去の事例からしても自明だし。
 それも加味して以下の順番で考えてみよう。

 1.黒赤2色を中心とした軽量ビート
 2.白青2色を中心とした飛行+留置ビート
 3.上記は2色で組めるのか? タッチ不可避としたらどういう構成か?
 4.その他ギルドカラー(緑白、緑黒、青赤)の想定アーキタイプは?
 5.多色コントロールの可能性
 6.ギルドカラー以外の組合せは可能?

 [GAME] 新型PS3 

 「お値段据え置きで小型軽量化+HDD容量増」

 違うんや、今までのでいいからお値段を下げるんや・・・・・・。
 スパロボのために何らかの手を打たないといけない段階でこの展開は萎える。

 [MAGIC] 9月の禁止改定 

 EDHは昨日発表され、緑タイタンと世界火が禁止、黒瘴が解禁(ジェネラル禁止)。
 EDH民じゃないので、今まで通り直接は関係なし。

 で、本日が本番。
 特にレガシーは事前の禁止解禁予想が面白いし、前回の土地税みたいなのもあるしで注目してたんだけども。

 以下結果。

 Standard, Extended, Legacy
 No changes

 Modern
 Valakut, the Molten Pinnacle is Unbanned.

 Vintage
 Burning Wish is Unrestricted.

 ヴァラクート解禁はドロソなかったら問題ないってことかねえ。

 [DIARY] 氷菓 #最終話 

 前回の日記でいろいろ書いたけどフツーに最終話だった。調べてから書くのを怠ったらしっかり恥ずかしい展開になるのはお約束だな。

 「遠回りする雛」は個人的に古典部シリーズの評価を決定的にした一編。
 大きな期待をかけてたけど、十分満足できる出来だった。

 シリーズ全体を通して、非常に丁寧で贅沢。
 未だにこの作品にここまでのパワーをかけてよかったのかという疑問はある(無論、関連売上はまったく調べてない)けど、少なくともここにいるいち個人ファンはすこぶる満足したぞ。
 ぶっちゃけ、京アニって「フルメタ」と「ハルヒ」とこれしかまともに観てないけど、それでもさすがとしか言いようがない。

 ・・・・・・穂信ちゃんははやく原作の続き出そう。

 [MAGIC] RtR スポイラー 

 大量流出したけど全部見るのはこれから。

 それでもリミテッドは超ビート環境な気配がぷんぷん。
 ビート脳からすると、もうラクドスかアゾリウスしか見えない。3色なんて甘え!

 全部見終わったらどういう感想になるか。

 [SOCCER] J1第25節 

 引き分け。勝ち点38。BS劇場とはならなかった。

 今節についてはもう大宮嬢が凄すぎるとしか言い様がない。

 [DIARY] 最近のアニメ 

・ソードアートオンライン

 もう既定路線でしかないのかと思ったら急にどうでもよくなってしまった。
 本質的には、俺ツエー状態でもこのくらいの表現レベルというのが判明してしまったので、ワクワク感が薄れたんだろうと思う。二刀流解禁とかも、いまいちぐっとこなかったし。
 発表当初にも心配してたけど、やっぱ映像として地味よね。

・ホライゾンとエウレカAO

 SAOと氷菓を見てたら時間がない。結果、積み。

・氷菓

 冷静に考えても話はくっそ地味。けど、原作好きとしては贅沢すぎてやばいレベルに到達してしまった。
 原作の雰囲気をここまで引き継いでるだけで奇跡だと思う。
 特にここ数話は、千反田とホータローの機微(映像だと「間」の取り方がすごくいいんだ)を追ってるだけで満足できてるので、次の「遠回りする雛」が楽しみで仕方がない。
 
 って、ここでこの話ってことは「二人の距離の概算」までやるってこと?

 [BOOK] 「東京バンドワゴン」@小路幸也 

 作者はメフィスト賞出身みたいだけど、中身は安定のホームドラマ。
 現時点なら陣内孝則、あと15年くらいたったら福山雅治を主役にしてTVドラマ化なイメージ。


 10歳の子が最初はMTGやってたのに、最後の方ではデュエルマスターズに鞍替えしてた。なんかくやしい。
 (カードゲームは内容にはいっさい関係ありません!)

 [SOCCER] W杯アジア最終予選 ×イラク 

 これぞホームって感じの裁定が多くて、割りと安心してみてられた。
 ただジーコの悪運は身をもって体験しているので、1-0ってのは少し気になった。
 本田が1本でもヘッド決めてたらな。
 
 これで、ほぼ予選突破は確実。あと1勝1分くらいで確定ランプかな?
 オージーはちゃんと仕事しろよー。

 香川の代わりに清武だとゴールの臭いが薄まる。
 岡崎はほとんど真ん中に入ってこれなかったけどボール捌きは上手くなったなー。アシストの動きは良かった。
 全体的に勝ってるときのリスクヘッジが上手くいってた。コーナーとか取るプレイはみんな上手い。

 [MAGIC] 財宝発掘 

 よく地方のリサイクルショップのカード詰め合わせで云々という話を聞きますが、夢物語だと思ってました。
 750円で、《噴出/Gush》日本語Foil、《フェアリーの大群/Cloud of Faeries》日本語Foil4枚はなかなかだと思われ。

 [SOCCER] 天皇杯2回戦 ×アルテリーヴォ和歌山 5-0 

 白崎ハット。
 柏瀬がプロ初出場初得点。

 ルーキー19歳の若手FWが2人とも結果を出した。
 特に白崎は順調に育ってて将来が楽しみ。
 正直、下に戦力になりそうな選手が控えてる状況になってきているのは、ここ2年のことを考えるとありがたいことだと思う。
 もうちょっと安定したいとこだけど、今年オフもそうは簡単じゃないだろうなと覚悟しておかないと。
(ゴトビは采配の傾向で選手の契約状況が透けるとこがあるので、11月12月あたりは色々とあるんじゃないかと推測)

 それにしても天皇杯といえばジャイキリ。2回戦なのにJ1でも広島、神戸、札幌が敗退。
 当該サポのみなさんの心中を察するとなかなかつらい。

 [BOOK] 「魔法科高校の劣等生(7)」@佐島勤 

 買ってしまった。

 いよいよタイトルと内容が乖離してきたぞ。
 主人公万歳はさらに加速してるけど、周囲も相当にできた人材しかいないのが笑えてくる。劣等生なんて誰もおらんやん。
 今回は差がありすぎて敵がかわいそうだと思うレベル。

 音声ドラマ化とか書いてあって、主人公は中村悠一らしい。ああ、なるほど、ホータローね・・・・・・。

 [MAGIC] RtR スポイラー 

 今日は打ち消されない3マナ4/4とか出てきていよいよカオス。
 これだけ打ち消されないが連発されるなら《差し戻し/Remand》再録かなと思ってたけど、今日は《中略/Syncopate》がアンコモン再録されるのが明らかになってた。
 こりゃ《記憶の欠落/Memory Lapse》がコモン再録だな、間違いない(笑)


 RtRのカードパワーが高いせいか、イニストラード土地(特に緑黒)が高騰の模様。
 ミラディン土地も500円以下から4桁突破してたけど、同じような道を辿るのだろーか。

 [MAGIC] RtR スポイラー 

 打ち消されないスーパー燻しとか、打ち消されないラスゴとかもうほんま何がなんだか・・・・・・。
 特にラスゴはなあ・・・・・・。今まで以上に、出た瞬間に仕事しない生物には人権がなさそうな気配がする。
 それにしてもこのシリーズ、打ち消されない頭蓋の摘出があまりにもかわいそうだ。

 [MAGIC] RtR スポイラー 

 ドライアドの闘士
 G/W クリーチャー ドライアド・兵士
 アンコモン
 インスタント・カードかソーサリー・カードがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。
 2/1

 なんだこれ。
 イロイロと謝らないといけないんじゃないの? サバンナライオンとかさ。

 [MAGIC] M13 ドラフト例会戦績 

 4人 緑白 ×× レア爆だったけど引かないと「禁断の組合せ」通りの結果に
 7人 赤緑 ○○○ 3/3ビート
 7人 黒赤 ×× 強い部分と弱い部分がはっきりしてて、特に序盤の生物不足が響いた
 7人 赤白 ×○× デッキは上手く組めたと思ったけど、弱者の剣って感じだった

 1回でも3-0すると多少溜飲が下がるという典型。

 [SOCCER] J1第24節 とりあえず勝ち点37 

 前回のエントリーはあるものの、残留線である勝ち点37に到達。一安心。
 練習風景などのツイートで高木が調子いいと聞いてたので、なんとかしてくれると思ってたらその通りだった。
 良くも悪くもこのチームは両翼の出来にかかってる。

 残り10節になって残留争いは激化。今年は千葉が奇跡の残留を果たした2008年の再来になるかもしれない。
 当事者にさえならなければ、これからがJリーグの醍醐味といえる白熱した期間になるので、早いとこ完全にそのラインから抜けだしたい。


 さて。

 最近気になって仕方ないのが、川崎フロンターレ。
 いかにも海外サッカーを中心に観てますって感じの指導方針で鳴り物入りで就任した風間監督。
 できるかどうかは別として、色々と面白い考え方をしてるのは確かなので興味があったのだけど、そのサッカー観とは異なる部分できなくさい話が出てきてる。

 ちょいと前に息子2人が入団して、彼らの実績的に即戦力とは言えないけどうまく育ったら、みたいなことを書いた記憶があるが、現在その2人が不動のスタメンになっている。
 また、筑波大学監督時代の教え子を大学在学中に関わらず抜擢し、彼もまたスタメンに名を連ねている。
 その結果が、目下公式戦9戦勝ちなし。
 ここに至るまでに、中心選手の移籍という前段階があり、そしてここにきて監督子飼いの選手・コーチ陣が揃って所属する「株式会社すぽると」の存在が明らかになって、ちょっとドロっとした雰囲気を醸し出してきた。

 マネジメント会社とチームがつるむ構図は別に珍しいものでもなんでもないし、結果がついてくれば何の文句もない話ではある。
 しかし悲しいかなプロの世界なので「結果」がすべて。
 結果が出ない状況で、上のような現実を突きつけられて不満が出ないわけはないよなあ、という印象。
 ぶっちゃけ同じことするにしても、もうちょっとゆっくりやっても良かったんでは? という感じがする。
 兄弟の起用だって傍から見れば今である必要はまったくないのに、こんなに急がないといけない理由が何かあるのだろうか。
 


 風間監督は地元こそ清水だけど、昔からエスパルスとは一線を画してて、その上で地元でも活動してるひとだ。
 個人的に印象がいいってことはなくて、基本的には「近づいてこなければご勝手に」だったけど、いっそうその思いが強くなった。

 ただ、筑波関係で八反田とか瀬沼もすぽると所属みたいだし、今後川崎が上手く回るようになったらあっちに行くのかもなーとか、最近はこういう事情で物事をみちゃうので少し困りもの。

 [MAGIC] ショックランド再録 

 レア土地は新カードと思ってたのでちと意外。
 でも、モダン人気で高騰するのもよろしくないのでこの措置は妥当ですかね。

 他のカードも結構売る気満々だなあという印象。

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。