calendar

          03« 2010/04 »05          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [MAGIC] 整理作業 

未完
基本セット系
アイスエイジ
ミラージュ
テンペスト
ウルザ
マスクス
インベイジョン
ミラディン
ゼンディカー

選り分け終了
オンスロート
神河
ラヴニカ
タイムスパイラル
ローウィン

数量管理終了
オデッセイ

先が長すぎる・・・・・・

スポンサーサイト

 [MAGIC] エルドラレポ3回目 

 8人

 また弱者の消耗を引いた。1回目のイメージから今度こそ緑軸のエルドラデッキを組もうと思ったけど、2手目が黒安定のアンコLVUP(接死、先制)。
 3手目に青と白のLVUP生物を流しつつの教師。下に流しているカードが悲しいけど、ここは流れに乗ることにした。
 一応ベースは青で、2色目の優先順位は黒だけど白へ切り替えるタイミングは逃さないつもりのピックを続けるも、2パック目で黒除去の枚数が増えたため色は確定。
 レベルアッパー6、7体に教師2体。4マナ以上の生物は基本飛行という感じのデッキに。


 1回戦 緑単
 1本目 そもそもルアーソーサリー2枚などという構成に青黒が耐えられるわけがなかった。しかし、弱者の消耗を使うのを我慢しすぎてエルドラージ出てきて乙ってるので自業自得ではある。
 2本目 こっちが必死でダメージレースしている最中に出てくる7/6は心折れる・・・・・・。負け。

 2回戦 赤黒
 1本目 教師が仕事して勝ち。
 2本目 レアのミノタウルスを除去れず死亡。
 3本目 序盤からブン気味に飛行を展開して勝ち。

 3回戦 白青 
 1本目 弱者の消耗がまたしてもネ申。1回目の決勝でも同じことしてたので「またか」と文句いわれたw。正直すまんかった。
 2本目 リンヴァーラでレベルアッパーがウンコになって死亡。2回戦のミノさんと今回のは除去れなかった理由が同じ(除去の使い時誤り)なので要反省。
 3本目 展開は覚えてないけど勝った。



 これまでやってきて感じたことだけど、今回はパックの偏りがひどいと思う。
 おかげで綺麗なデッキが組みにくい。(これはアーキタイプが確定してないからかもしれんけど)
 あとこの影響からか、決め打ちよりは流れに身を任せた方がいい感じのデッキになる気がする。
 (1回目の除去単とか、3回目のLVUPとかは流れでできたデッキ。2回目は遊び過ぎはあるけど最初から突っ走ったデッキ)
 序盤は受けを広くするピックの方が結果が出るんじゃないだろうか。

 で、上記の印象から教師をLVUPより優先する理論はなんか違う気がしてきた。
 予想よりもはるかに綺麗なレベルアップデッキの構築は難度が高い。
 教師を取っても種ポケモンがいないとどうしようもないことがざらにある。
 レベルアッパーについても教師ありきで考えるのではなく、無い時の運用可否を含めて明確な点数付けをしておくべき。

 [MAGIC] エルドラレポ2回目 

 8人

 初手は・・・・・・なんだっけというくらいのシロモノ。
 結局、窯の悪鬼3枚、トンネル掘り2枚、+2君2枚。トークン出す1点火力3枚、よろめきショック、インスタント回収2枚とか他もろもろ。
 となんか特化するにしても微妙な布陣+保険用に緑アンコレベルアッパー(LV1で4/4のやつ)が2枚なデッキ。

 1回戦 白青?だっけ
 1本目 悪鬼2匹引いて、ブンブンで勝ってたのに最後の詰めでしょうもないプレイミスして届かないって判断して投了したけど、そのミスしててもそのまま殴ってたら足りてたという。頭が寝てた。
 2本目 そんなことしてたら運気が逃げるのも当然でダブマリの後土地9枚並べて死亡。

 2回戦 赤緑エルドラージ
 1本目 早々とエルドラージ降臨して無理
 2本目 よろめきショック無理

 1本は緑LVUPで取ったような記憶もあるけど、負け方がどうしようもなくてそっちの印象が強い。
 自分的にいまいち残念なカード認定しているよろめきショックにいわされる理不尽・・・・・・。

 3回戦 青黒
 1本目 悪鬼2枚と、トークン出す火力3枚と、反復回収2枚をくるくるくるくるしてたら相手のライフが2になってた。トップよろめきショックで勝ち。こういう謎な勝ち方すると少し報われた気になる。
 2本目 コジレックの審問で初手から1枚抜かれたら機能不全に陥って死亡。あるあるw
 3本目 相手が事故気味で序盤押せ押せで勝ったかと思ったところで、暗殺者が登場。かなりやばい雰囲気になるものの、トップから生物を供給しつづけるという幸運が重なってなんとかライフ2まで持っていく。結局、なんとかまたよろめきショックをトップして勝ち。

 初手依存率が高すぎる上に、悪鬼を除去、というか相打ちさせられるだけで息切れするとは・・・・・・。
 窯の悪鬼は面白いけど、緑が相方はないわ。世間一般の評価に従い、次は赤青でやる!(我ながら懲りないな)

 [DIARY] すーぱーひーろーたいむ 

 子供につられて観てる朝のアレですが、他のふたつはともかくとしてWがおもろいです。

 脚本三条陸のパワーが炸裂してきた。
 Wがみたまんまフレイザードだったりしたところからそんな気がしていましたが、いよいよ正太郎=ポップ、フィリップ=ダイみたいになってきました。

 バージョンアップの回の割には過程が駆け足すぎた気がしますが、エクストリームは(デザインはともかく)能力もチートな上に、立木さんの声がたくさん聞けるので個人的には盛り上がりました。これ重要。

 これで平成ライダー名物の「クライマックス付近でシナリオ崩壊」がなかったら文句はない。

 [MAGIC] エルドラレポ1回目 

 辞書がない辛さが身にしみる。辞書が手に入ったらデッキを追記したいな。

 1回目 7人

 強いのか弱いのかよく分からないまま初手、弱者の消耗(ALL《燻し/Smother》)。レベルアップには強そうだけど、エルドラ系には微妙、だよね。
 2手目Foilの災難の範囲(相手の生物のみ、見せた生物カードのマナコスト分ダメージ)。いきなりマスデスが2枚とはどういうこと。
 緑赤黒のエルドラデッキを組めと言わんばかりの状況なので乗っかってみる。

 ・・・・・・ものの、緑はその後完全に枯れて、取れるのは除去ばかり。

 下からの流れで考えようと思って開けた2パック目の初手がAll is Dust。マスデス3枚目でなんじゃこりゃな気分。
 2手目にグールドラズの暗殺者が流れてきて歓喜。

 緑は順目よりは流れてくるけど、ほしいのはエルドラージ系マナ加速カードとフィニッシャーなのにそれらはまったく姿を見ず。

 赤を切る気で開けてみた3パック目もエムラクールの孵化者で、その後も緑の流れが良くなるわけもなくそのまま終了。

 序盤にマナ加速する気がないデッキになったため、エルドラージ生物は取る気もなく過ごしていたけど、結果的には入れた方が良かった。
 除去がうなるほどあったので序盤は思っていたよりも耐えれるし、災難の範囲のこともあるし。

 ただ、取るタイミングがあったかというと微妙。
 ほんとエルドラ生物はいつ取るべきなのか、どれより優先すべきなのかよく分からない。


 1回戦 BYE

 2回戦 青黒レベルアップ
 1本目は弱者の消耗がネ申。ライフ4まで押し込まれるも、相手だけラスゴして勝ち。
 それ以降の展開は・・・・・・忘れた。

 3回戦 白青レベルアップ
 1本目はモロに弱者の消耗が刺さって勝ち。マジネ申
 2本目は1ターン目暗殺者な上に、青マナ事故で出ずコンマジが間に合う前にレベル4になって勝ち。

 緑に当たらなくてこんだけ除去入ってたらさすがに強かった。
 弱者の消耗は効かない相手にはとことん効かないけど、効く相手には鬼畜。特にレベルアップはレベル上げのためにメインでフルタップしてくれるので打ちこみ放題過ぎてニヤニヤできる。
 エルドラデッキでも壁とかを一掃してたら本体が出てこないことはある。変に欲張らずにアド取れるときに打つべし。

 [SOCCER] 第8節 ×大宮アルディージャ 2-1 通算5勝3分 勝ち点18 1位  

 無敗継続、アウスタ全勝継続。

 前半は大宮のハードワークに加え、雨天ということもあり散々な出来。
 後半は修正してきてゲームが動きます。

 58 ボスナーのくさびのボールがDFに当たって小野の足元に。これを兵働へ。最初のトラップでボールを浮かせてDFマトの頭を越えさせ、裏へ抜け出てボレー。
 ここ最近の試合でシュートが枠を捉えるようになってきたので期待してましたが、ついに出ました。
 しかしひょうさんのゴールは去年の磐田戦もそうだけどスーパーゴールすぎて困る。
 なんであれでいつも宇宙開発するんだろう。

 76 セットプレーから大宮DF坪内に決められ同点

 86 交代で入っていた山本真希のセンタリングがそのままゴールへ。

 去年までだとほぼ確実にこの状況は引き分けに終わってたんですが、今年はやっぱり運気がある。

 試合の方は勝ちはしてますが、内容はいいとはいえずまだまだ課題は多い・・・・・・。
 しかし、とりあえず今日はカードなしで終わったのでよかったです。
 小野が浦和戦に出られるかどうかは、興業的に非常に気になるところだったので。


 Jリーグタイム見てたら子供らがグリコ(「オーレオーレオレオレ」ってやつ)を口ずさんでいたのが感慨深かった。
 染まってきたなあ。

 [MAGIC] エルドラドラフト*3 

 成績覚書

・7人 赤黒 マスデストラクション3枚の除去単系デッキ BYE○○
・8人 赤緑 釜の悪鬼 ××○
・8人 青黒LVUP ×○○

 ドラフトむずい。
 あとソートの色の偏りが酷い。特定色のカードで取るものがないってのが頻発。これはストレス貯まるw

 [DIARY]  カエレ! 

<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組

 制度上できるとかいう話は聞いてたけどほんとにしようとするやつがいるとは。
 国外退去命令だしてもいいと思う。

 [MAGIC] エルドラージ狂想曲 

 明日のドラフト会用に予約してたBOXを受け取りに日本橋へ寄ってきました。

 夜なんかに行ってもすでに適正値になったものしか置いてないんですが、それにしても高い。
 All is Dustとか5Kしてました。(もしくは売り切れ)
 いつからマジックはこんなお高いゲームになってしまったのか、と呆然。

 結局、BOXだけを受け取ってシングルは何も買わずに帰宅。
 最初だけ、と思いたいけどどうだかなー。

 あ、移転の話聞いてくるの忘れた!

 [MAGIC] うわさ? 

・「マスクス」以降という新フォーマット

 レガシーの盛り上がりによるカードの高騰と再録ポリシーのアナウンス(リスト掲載カードはFoilですら再販しない)は、こういう流れにつながっていくのか。
 苦肉の策っぽいけど、仕方ないのかね。エクテンみたいな1年でほんの一時期だけって感じになっちゃうと残念だけど、昔のカード資産の問題がある以上、日本だったらレガシーGPよりこっちの方が潜在的な需要があるのかもしんないですね。


・BIGMAGIC移転

 ほんとなら大賛成。
 あそこに行ったことのあるひとはもうお分かりでしょうけど、ビルがあまりにも怪しすぎるし。
 (まあ、怪しいのは後から来たんで、BMからすればとばっちりなんだけど)
 具体的にどこらへんになるのかは今度ボックス取りに行くんで聞いてこよ。

 [MAGIC] エルドラージ覚醒 ドラフトメモ その2 

 きのうのつづき

・ナーリッド強化デッキ

 確かにシールドでこやつに蛇トーテム付いただけの手軽コンボでヌッコロされたなー。
 相方はなんでもよいのかもしれないけど、青にしてカウンター構えるのがコツらしい。コモンに確定2マナカウンターがあるのは追い風か。
 今回は青の除去性能が高いってことなので、そういう意味でも注目かも。

・ついっと
 この環境ってメイン帰化なのかな?
 緑やってる場合は、メインアタッカーに付くであろう白と青の除去を外せるし、そもそもトーテム=アド取れるってことなら、1枚入れるのも悪くない?

 [BOOK] 「シアター」@有川浩 2009/12 メディアワークス文庫 

 電撃文庫から卒業しようというひとが読む、かどうかは微妙な感じのするメディアワークス文庫。
 少なくとも今のところ有川浩以外に読もうと思う人がいない・・・・・・。
 まあ、せっかくこういうプラットフォームができたので、はやいこと「図書館戦争」を文庫化してほしいと思う今日この頃。

 さて。
 有川浩の普通成分がこれでもかと詰め込まれていますが、あくまでも普通成分なので、甘々ニヤニヤなところも控えめであります。
 が、頁数も少ないしフォントも大きいしあっという間に読めるという明らかに続編来そうな感じではあるので、本格的な恋愛小説化は次回以降でしょうね。

 [MAGIC] エルドラージ覚醒 ドラフトメモ 

 あんまりやる機会はない気がするので、1回1回を有用にすべく現在の感想を簡単にまとめてみました。
 とりあえず特定のコモンカードをメインに取るものを列挙してみることに。

・レベルアップ
 強制2レベルアップのじじいをとにかく取る。あまりにもこのアーキタイプにおいて重要度が高いため、やりたいなら他のを無視してでもとるくらいの気合が必要。
 相方は白か黒の2択ではあるものの、黒はカード単体も強くて種類が少ないので集めるには不向き。何よりレベルアップデッキ以外には単なる屑カードであるクルセイドがあるので、集めるなら白が無難。
 じじいとこれさえ取れればどんなカスっぽいレベルアッパーをピックしてもそれなりの戦力になる。

 しかし、これらが取れないととにかくクソ重いウィニーデッキに成り下がるのが最大の問題。クリーチャーとスペルのピックバランスが難しいと思われる。
 序盤もたつくと即死だし、展開しながらレベルアップさせなあかんので、ウィニーのはずなのに土地は必要。18がデフォか。
 無論、卓内許容人数は少ない。3人もやってたら死亡確認じゃないかと。


・緑系エルドラージ
 2マナ2/2トークン付きとか壁とかで高速エルドラージなデッキ。
 しかし実際問題としてエルドラージだけに頼り切っては勝てないので、何からこれを始めるのかちょっと疑問だったり。
 個人的には、トークンを山ほど出して、それを強化する4/4とかで強襲した方が強いんじゃないかと思う。
 まあ、やったことないので想像でしかなんだけど。


・壁バーン
 赤のコモン4マナ2/4の壁で本体狙うデッキ。
 組めそうな気がするし試してみたけど相手が早すぎて話にならなかった。
 興味あるひとは狙ってみてください。


・窯の悪鬼ビート
 窯の悪鬼をパンプしまくるデッキ。しかし、こいつを数取れたとしても、今度はスペルをどうしたらいいのか悩むのが難点。
 流れ的には、赤の除去からピックがスタートした場合が狙い目か?
 一応、反復が非常にコンセプトにマッチしているので、そこは意識するべき。(これでスペルの手数を補える)

 ただ、スペルを赤の除去系だけで埋めるのは夢物語なので、相方を緑にしてジャイグロか、白にして反復プロテクションが現実的なプランのような。この両スペル、いまのところは安い感じがする。
 ブン回ったときの爆発力はなかなか。除去を交えて他の生物も殴れる場になってると、一気に10点は持って行ける。


・その他
 なんかあんのかなー?
 青が強いみたいなんで、それを軸に「普通のデッキ」を組むというのもありなんだろうけど。それじゃ面白くないよねえ。

 [MAGIC] エルドラージ覚醒プレリ@大阪 

 ミニトーナメントシールドは、1-3の物体。
 ドラナ様が2体もいた構築段階からするとどうしてこうなったレベル。引かないとこんなもんらしい。
 (ちなみに引いたらほぼ勝ってた)
 ドラフトはエルドラージもそうですが、パンチ1発10点とか普通に起こるので、中盤以降の動きが派手ですねー。

 ドラフトはまったく右も左も分からん状態でやった1回目の赤緑はあまりにも糞で、みっくすのスーパー青白レベルアップデッキにサンドバックになって死亡。
 (強制レベルアップ君3体に生物ほぼレベルアッパーはやりすぎだ)

 2回目はサルカン、1マナのレアレベルアッパーとピック時で元が取れた。
 デッキは青白レベルアップ・・・・・・になりきれなかった中途半端なやつ。
 1回戦は勝ったけど、時間の都合でドロップする羽目に。残念。

 ドラフトは、青白レベルアップは神レベルっぽい。ただし取り方がいびつなので運が必要。

 他のデッキに関してはまだアーキタイプが確定していないので点数がいまいちよくわかんないです。
 ただ、いつもの経験則とはちょっと違ってて、除去(無論程度による)より軽くて強い生物の方が強そうな雰囲気があります。今日に限っては、2点ダメージ系除去の信頼性は???ですね。


 [SOCCER] 第7節 ×ガンバ大阪 1-1 

 現地観戦してきました。

 岡崎ヨン藤本
  兵働小野
   本田
太田ボス平岡辻尾
   西部

 怪我してて欠場の噂もあった岡崎がスタメン。
 DFラインの怪我人を除いては現状のベストメンバー。

 対するガンバは怪我人続出でまともなメンバーが組めない中、完全に引いてカウンター狙いの3-5-2(実質5バック)。
 特にSH2名が徹底的にこちらのSBをケアする形で、前半はこれに完全にお付き合いしてしまい、まともなチャンスを作れず終了。
 3TOP・トップ下・SBの連携がなく、よくボールを持てたSBは全然勝負にいかないのでFKやCKすら取れない体たらくでした。
 ガンバも基本的に引いてる上に、前線が二川、宇佐美、大塚ではDF陣を崩すことができず、前半の内容では点の入る気配がなかったんですが。

 40 コーナーキック時、まったくボールに関係ないとこでの競り合いでボスナーがファイルの判定。でPK。

 なんか嫌な予感しかしない前半の終わり方でしたが、サイドでの勝負と3トップのポジションチェンジ(藤本岡崎ヨンセン)、攻撃時の選手の距離感を近くする修正を行った結果、後半はほぼハーフコートゲーム。

 それでも点は入らずやきもきした状態になりますが、

 70 交代した右SB高木のクロスをヨンセンがつぶれたところを岡崎。DFのブロックに遭うものの、コースが変わってゴール

 このゴールの時間帯あたりで目に見えてガンバの運動量が落ち、よほどのことがなければ負けはないなという感じになったんですが、逆転するには今日はあまりにもバーとポストがいい働きをしたのと、GK藤ヶ谷が当たりすぎてました。(一番決定機をもらったオカの出来がいまいちだったのもあるけど)
 あれだけビッグセーブされたらしょうがないわ・・・・・・。完全にMOMです。脱帽。

 勝つべき試合内容だっただけに悔しい。
 一応無敗継続とはいえ、4勝3分=5勝2敗であることは確かなので。

 でも、ネガる内容ではないので今後につなげてほしい。

 せっかくの生観戦だったので小野と宇佐美に期待してみてましたが、今日の小野は前半はほとんど前向いてボールを受けられず。後半はだいぶらしさがありましたが、シュート打てよ、というとこで意地でも打たない(笑)
 まあ実際はコースがないのかもしんないけど。
 小野に限らず藤本とかはバイタルあたりでシュート打てそうなタイミングではチャレンジしてほしい。
 今日はCKで点入りそうな雰囲気があったのに、押し込んでる割には少ないと思うのはその辺も関係してると思う。

 宇佐美は17歳ってことを考えると上手いんだけど、ゲームで違いを生むまでには至ってないですね。
 でも今日の布陣ではフォローがない状態で持たされるので、それでどうこうしろというのはちょっと酷な気がする。
 あれはワシントンとかじゃないとムリ。

 [MAGIC] エルドラージ覚醒、前 その5 

 公式に画像式フルスポイラーが登場してました。
 なんだ今回仕事早いな。方針変わった?

 というわけで、改めて画像を眺めておきました。

 ・エルドラージ群のイラストを見る限り、ゼンディカーブロックでのRebecca採用がないのはよく分かった。ついに言えば、次のミラディン後日譚も前歴からしてないだろう・・・・・・。
 ・今回のイラストってキレイですね。初期のなんでもありな個性派→アメコミの流れから、写実的なキレイ系にシフトしてきたような気はずっとしてましたが今回改めて感じた次第。結果的に日本人向けになってきたような。
 ・で、天使とか吸血鬼とかのFoilは、イラスト補正がかかりそうな気配。
 ・今回も土地はフレームレスだと思ってたんですが、違うのか!!

 ・ドラフトでは、レベルアップウィニーと高速エルドラージが非常に分かりやすく面白そうなのでちゃんと構想を練っておこう。

 [SOCCER] ナビスコ杯第2節 ×モンテディオ山形 0-0 

 5-1で勝つなんて年に何回もないので、ピンク新聞ことエルゴラッソを買いました。
 やっぱり巻頭にきちゃうとね、お布施したくなるでしょう?


 岡崎が右足太もも裏の違和感で別メニューってことで今週末微妙?と思ったけど、「診断書付」でナビ山形戦のベストメンバー規定回避と言われると納得してしまう。
 ほんとにこのkソ規定なんとかなんないかなあ・・・・・・。

 で、今日のナビスコ山形戦はアウェイ。あっちは天候不順で雪とか強風とかで大変そうでした。
 ほんと秋春制とかkソなこと言ってるひとはなんなんでしょうかね。

 今日のフォメ

 大前永井藤本
  伊東杉山
   真希
太田児玉廣井市川
   武田

 仙台戦から9人入れ替え。これでも一応ベスメン規定はセーフ。
 リーグをターンオーバーっぽく回していたせいか、かなりの選手入れ替えが可能になってますね。
 トップ下とアンカーは想像なので実際は違うかも。

 今日は廣井、浩太のレンタルバック組が出てました。

 色々と期待してましたが細かいところがまったく分かんないので割愛。

 ただ、児玉と永井が負傷交代とかいう情報が入ってきているので心配。
 特に児玉。そろそろ岩下が戻ってくるとはいえ、これ以上のDFの怪我は勘弁してほしい・・・・・・。
 永井もせっかくこないだ結果を出したとこなのに。

 軽傷であることを祈ります。




 [MAGIC] エルドラージ覚醒、前 その4 

 Dude Recall   U
 ソーサリー     コモン
 Dude Recallを唱えるための追加コストとして、あなたのコントロールするアンタップ状態のクリーチャー4体タップする。
 カードを3枚引く。


 「1マナ3ドロー」。このマローのつぶやきなぞ誰も期待してなかったと思うけど・・・・・・。
 この条件を満たすデッキ限られ過ぎだろ。

 リミテッド・・・・・・の運用も考慮を要するレベルか。少なくとも僕の好きなタイプのデッキには入りにくい。


 とまあこんなことをしていたらいつのまにか先行オークションなどが始まっております。
 今回は完全に出遅れて何がなんだかさっぱりなんですが、この時期のはご祝儀価格なので参考程度に。

 どのくらいさっぱりかというと、これをみていてエルドラージ2マナランドがレアだということを知るくらい。こんなのアンコモンにしとくのが良心だと思うんだけどな。強い弱いは別としてぱっと目を引く「大怪獣デッキ」はお金をかけて作らせるもんじゃないと思います。

 サードエキスパンションで大型セットってことで剥かれ具合によっては全体的に高くなるのもむべなるかなと思ったりしてますが、はたして。

 [MAGIC] カード整理作業開始 

 今日からカード管理対象者が1名増えた結果、机の周りがえらいことになりました。
 大規模カード整理をするのは久しぶりです。

 現状、レアとコモンアンコモンの判別がほぼ終わったので、これから細かくカウントをしていくことになります。
 この作業はしんどいのはしんどいんですが、カードの来歴をなんとなく想像するのが楽しい感じ。
 今回も、マナシンボルコインとかいう謎の物体があったり・・・・・・。

 まあ、いつものことですがぼちぼちやって販売コーナーに回せるものは回していきます。

 [SOCCER] 第6節 ×ベガルタ仙台 5-1 

 今日アウスタに行ってたひとが羨ましい・・・・・・。

 岡崎四千藤本
  兵働小野
   本拓
児玉ボス平岡辻尾
   西部

 26 サイドで受けたヨンセンがそのまま中に切れ込んでミドル。このイメージがあるならこれからもバンバン打ってほしい。
 45 年に1回あるかないかのベストゴールでは? 本田がするすると上がっていって淳吾とワンツー、中央の岡崎に当ててそのままシュート。ダイレクトでパスを繋げて完全に中央から崩しきった。今日のタクはゴールも含めて凄かった。W杯後の代表に選ばれてもおかしくない。

 60 珍しく枠に飛んだ兵働のシュートは惜しくもポスト。跳ね返りを淳吾が詰めた。あれを一発で決めきれないのがひょうさんのキャラだな。
 63 兵働の左CKを平岡がフリーでヘッド。平岡は意外にといっては失礼だけどセットプレーの得点力ある。CKは小野よりもひょうさんの方がいい。
 79 クリアボールがDFラインの裏へ。ここで永井と相手DFがスプリント勝負。これを上手く身体を入れ替えて振り切った永井が移籍後リーグ初ゴールを叩き込んだ。

 89 仙台FW中原に平岡ヘッドで競り負け、西部も少し見送り気味でゴールを決められる。初めてセットプレー以外で失点。この前のプレーも含めて修正点あり。
 しかし中原という選手は凄い身体能力。スタンディングでのジャンプであの滞空時間はやばい。今後化けるかも。


 点差ほど試合内容に差はなかったという声あり。
 じゃあ何が良かったかというと、今日はシュートの精度が素晴らしかった様子。
 でもたまたまではなく、シュート体勢に入ったときの形が良かったとのこと。あの形を作れるということが今日の調子の良さだったんだと思う。

 しかし去年の磐田戦もそうだけど、年に1回でもホームでこんなビッグゲームをできればそれだけで価値があるなあと。
 あと点差に余裕が出たせいで、オカとフローデを途中交代できたのも良かった。

 勝ったのももちろんだけど、小野が4枚目のイエローもらわなかったので一安心。

 [BOOK] 「ソードアート・オンライン 4」@川原礫 

 最後の展開が予想通りすぎたのはあれだけど、別にそれが評価を落とすものでもなし。
 というか、ほんと王道すぎて困りますね。王道大好きなので。

 まー最後の最後あたりの「危険がない」って断言しちゃうあたりの件は「ほんまにそんなもん?」とか思ったりしましたが、ちっちゃいちっちゃい。

 次巻以降は少し趣が変わるようですけど、出てる連中が一緒ならそうそう期待を裏切られることもあるまい。

 3ヶ月後くらいに出ないかなあ?

 [MAGIC] エルドラージ覚醒、前 その3 

 しばらく間があきましたが。

 ・全体的に大味なセットですこと。
 ・最近は軽くてでかい生物ばかりみてきたので、重くてでかいのを見るとちょっと・・・・・・。
 ・困ったことにスペルも同様なのがね。
 ・レアよりもアンコモンが強いねー。

 スポイラー全部出てからが勝負ですが、今のところややさみしい感じ?
 (今日の情報で少し持ち直したのかな?)

 とりあえずプレリ周辺の予定。

 4/17(土) 万博でサッカー観戦
 何か書くとフラグになりそうなので何も書かない。ただ座して待つのみ。

 4/18(日) エルドラージ覚醒プレリリース
 港区民センターです。前日からやってます。
 前回は見事場所を間違えそうになった(というか○×区を勘違い)ので、なじみのあるここは分かりやすくて良い。
 このままだと4月初マジックはここで、となりそう。

 [SOCCER] 来期新加入内定2号 

 オカを90分使うなら、大学生使えよ!!

 さて。

 大阪産業大の橘章斗君。173cm 68kgのMF。
 滝川二校出身で、岡崎・木島の2年後輩、金崎(@名古屋)の同級生。最近の滝二パイプは太い。

 S極2月のインタビューではオファーがあればすぐにでもOKみたいな雰囲気だったので、こちらも想定通り。

 しかし、どんな選手なのか勉強不足。
 MFは激戦区だけど、山瀬(@マリノス)とか石川(@FC東京)みたいなドリブラー系は(FWを見渡しても)あんまりいない上に必要なので、そういうタイプの選手だったらいいな。

 [DIARY] 死んでました、2日ほど 

 土曜日のJリーグタイムを観てたら、パッカ君が現れて「見ないとタックルしちゃうぞ!」とか言ってたので、翌日はちゃんと「GIANT KILLING」を観ましたよ。

 という感じで日記を用意してから3日目です。

 熱だけ高くなる風邪?にかかって、期初だというのに昨日を休み、微妙な体調のまま出社して、机の上に張られた「TELくれ紙」の山に絶望したのでした。

 今日も、ムリはしません。

追記
 あのパッカ君のきぐるみはよくできてる。ぜひアウスタに来てパルちゃんショーで競演してほしい。

 病床でジャイキリ読み直してたのは内緒だ。
 達海が35歳ってので若い、と今更思ったり、最初のツンがデレるところが最高潮だったなーとか思ったり。(今でもそれなりに面白いけど)

 [SOCCER] 第5節 ×横浜Fマリノス 2-1 

 試合は勝ったけど、内容は・・・・・・。
 展開的に完全にアウェイの戦い方になったとはいえ、度が過ぎたように感じる。

 兵働ヨン岡崎
  真希小野
   本拓
太田ボス児玉辻尾
   西部

 05 辻尾→小野→辻尾のパス交換から右サイドを突破してクロス。相手のクリアが転がったところに岡崎が走りこんでゴール。
 42 右サイドからのFKを小野。キーパーと相手DFが交錯しつつ跳ね返したところにいたのがまた岡崎。

 66 FKからの混戦で中澤に対する児玉のファウル判定。PK。しかし、これを西部神がストップ。エスパルスがPKストップするのっていつ以来だ?
 82 FKをマリノス清水にコースを変えられ、本田に当たるもそのままゴール。

 それにしても、観戦していてほんとにしんどかった・・・・・・。
 先制してからの「85分間」まじで攻めまくられた。
 アウェイなので笛もマリノス寄りだし、そうでなくてもセカンドボールを拾われまくられ、中盤から先でまったくボールが収まらない時間が続いた。
 点差的に完全に引いてしまったせいもあるけど、それにしても怖い試合だった。
 与CK12本以降はもう覚えるのもやめたし。

 あと解説が金田(日産OB)と、俊輔の関連で実況がアウェイだったのも効いたw

 観てる方がしんどいんだから選手はどんだけしんどかったのかと思う。
 とにかく西部神。DF陣はがんばった。特にボスナーは神。オカもよく決めた、としか言い様がない。

 ただ、試合前を振り返ってみると、太田児玉ボスナー辻尾というDFラインならこういう展開になるのは仕方がないのかもしれない。
 冷静に考えると、このDFラインで1点に抑えたというのも凄い気もしてきた。
 基本的に受けてカウンターでサイド使って勝つつもりな布陣なんだから、その通りの試合・・・・・・だったのか?

 それにしても、小野が交代してからはカウンターで点が取れる気配がなくなってしまって、結局、攻撃に関して小野依存になってることが露呈した感あり。
 やはり藤本だと小野ほどキープして展開できない。
 その小野もやっぱり守備は怖い(寄せの勘所はいいんでうまくカットするんだけど、軽い。簡単に抜かれて足出してイエローとか今日もやった)し、運動量も他のメンバーと比べて少ないので諸刃の剣の部分はある。難しい。

 交代メンバーの使い方とかも受身すぎた印象。
 アウェイってこともあるから、あの試合展開になると守備固めしたくなるのは分かるし、最悪引き分けでよいという考え方だったのかもしれない。
 前線で裏を狙える選手を強気で入れるのもいいかと思ったけど、それはアウェイのオプションじゃないのかな。
 まあ、ほんとは前線か中盤でボールを収められる役がほしかったけど、いないんだからしょうがない。
 今日の交代方針は、去年不満に感じてた部分そのまんまなのでやっぱり気になった。

 まあ、ほんと勝ててよかった。
 勝ったのにストレスあるんだから、引き分けてたらどんな風になってたかわからん。


 [SOCCER] 来期新加入内定1号 

 釣られ・・・・・・。
 この情報社会において最も信頼のおけない情報が乱舞する日に発表せんでもええのに。

 早稲田の岡根直哉君。190cm 85kgのCB。
 ガタイの良さは凄い。
 年齢層的にも丁度よい感じ。

 ずっと強化指定選手で練習にも来てたので、とりたてて驚きはなし。まあ予定通り?

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。