calendar

          09« 2009/10 »11          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

shu046

Author:shu046
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 [SOCCER] 天皇杯3回戦 ×コンサドーレ札幌 2-0  

 いまいち調子が上向かない中で、ついに永井が2得点。
 そういえば、移籍してきた年の西澤もこの時期の天皇杯で初得点ではなかったっけ。ほんとにイメージがかぶるな、この二人は。

 試合内容はいまいちだったみたいですが、とりあえず、今後の戦いでは永井に限らず底上げが一番大事になってくるのでちょっと希望は出てきたかも。

 しかし、怪我で交代した岩下が心配です。長引くようならほぼ今シーズン終了。
 児玉平岡でなんとかなるのか? そもそも児玉は黄紙7枚でやばい。廣井をレンタルしちゃったので、いざとなれば市川・太田あたりがCBに入るスクランブルになるかも・・・・・・。
 そういえば、ヨンセンもCBできるな。それはそれで見てみたい気もするが。

 一応、軽い捻挫という情報は入ってきたんで、一安心かな。

スポンサーサイト

 [DIARY] 徒然 

 痛み止めの薬がなくなったとたん抜いたところが痛くなったので診察してもらいました。
 案の定炎症を起こしているらしいので追加の痛み止めをもらって様子見。
 どうも親不知は基本的に抜いたら2日程度で痛みはなくなり、それ以上痛いなら我慢しない方がいいらしいですね。(上の歯に限るかもしれん)
 あと2本残ってるので備忘録的に。

 それはそれとして、DQ9のゲストにフローラが来てるということでWiFi通信だけしてみました。
 とりあえずアイテムとか貰いに行くと、こうのたまう。

「お客様が虫みたいにたくさん」

 いたストの黒フローラ召還すんなw

 [MAGIC] 構築意欲刺激中 

 猫好きとしてはたまらんデッキを見つけたので。ちょうど次は上陸デッキを組もうと思ってたんですよ。

 某所優勝デッキ「にゃんにゃんZoo」(勝手に命名)

4《平地/Plains》
4《山/mountain》
4《根縛りの岩山/Rootbound Crag(M10)》
4《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(M10)》
4《乾燥台地/Arid Mesa(ZE)》
2《湿地の干潟/Marsh Flats(ZE)》
2《沸騰する小湖/Scalding Tarn(ZE)》

4《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZE)》
3《野生のナカティル/Wild Nacatl(SA)》
1《硬鎧の群れ/Scute Mob(ZE)》
4《板金鎧の土百足/Plated Geopede(ZE)》
3《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster(ZE)》
3《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary(CO)》
1《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos(SA)》

4《流刑への道/Path to Exile(CO)》
4《稲妻/Lightning Bolt(M10)》
4《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition(ZE)》
3(※非公開)
2《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(SA)》


 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》だけじゃ満足できないというひとにおすすめです。(非公開カードはだいたいあたりがついているのでそれで組みます)
 まあ、ナカティルは猫ではない、と言われると立つ瀬はないですがね。

 しかしまあジャンド回してるときも思いましたが、フェッチとM10ランドの相性は半端ない。M10ランド出たときは馬鹿にしてたけどこうなると話は違いますね。ちゃんと集めてなかったことを後悔中。でも未だかつて当初に買ってもいいと思った値段で店にあることは一度もないけど。第一印象って恐ろしい。

 [GAME] 真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー その3 

 ゆるゆるとプレイし続けて第3層クリア。ボスはラクカジャあれば余裕っぽかった。それ以前にレベル上げ過ぎのような気がしないでもないけど。
 いままでなんとか奇跡的に避けてきた全滅ですが、ついに体験。

 マハンマ(いわずとしれた鬼畜魔法) → 仲魔3匹全滅(笑)
 メガトンプレス(対象ランダム複数回攻撃) → 1人残った主人公に4発直撃(笑)

 なんとあっけない幕切れ。ここまで余裕で撃破してきた敵相手だったので、5秒くらい固まりました。そして苦笑。 
 これだから油断できん・・・・・・。

 [MAGIC] Etenal Party 2009 

 前々からちょこっと言ってた年末のレガシー・ヴィンテージイベントです。
 BIG MAGICには普段からお世話になってるし、特に昔のRebecca杯なんかは色々な意味で感謝すべきイベントでしたし、成功してほしいので推しときます。

 Etenal Party 2009

 これまた何度も言ってますが、参加できれば参加したい。

 [DIARY]  

 親不知を抜いてきまして、ただいまちょうど麻酔が切れたあたりです。
 みなさん想像できましたか?

 生きていることを実感できますねー。
  

 [SOCCER] 第30節 ×FC東京 1-2 勝ち点50 4位 

 首位になってから連敗・・・・・・。
 元が降って沸いたチャンスなので、そこまでダメージがあるわけではないんですが、それにしても負けてる相手が悪すぎる。

 去年のナビスコで苦杯を嘗めた「最下位」大分
 今期何回やられたか数えたくもないFC東京

 もうちょっと選手から気概が見えていればそれで今後に期待できるんですけど・・・・・・なんか不甲斐ない。
 ここがどうしても納得できない。
 こういう相手に気持ちで負けたとか言ってる段階で話にならんと思うんですけど。
 スラムダンクの名言集が色々と頭をよぎっていきました。

 ダービーを境に調子は下降しているのは確かですが、もう1回反発してほしい。
 もう優勝はかなり厳しいけど、ここまで来て今年何も得られなかった のではこれからの成長はないです。

 しかし、そんな中、今日児玉が鼻骨骨折とか聞いたんですけど、アオもFC東京戦だったし、ほんとに勘弁してほしい。お祓いでもしてきた方がいいんじゃないか。

 追記:
 川崎強えー。7-0。広島のあまりに身を切ったネタに呆然としていろいろなものが吹っ飛んだ。
 なんか妙にすっきりしてしまったので、来週からはまた普通に応援しよう。
 天皇杯があるのでぜひそこではチャレンジしてほしい。

 [BOOK] 「アクセル・ワールド 1、2」@川原礫 電撃 

 今、旬の作家ですよね。たぶん来年までにはどっちかの作品がアニメ化されてるんじゃないかと思います。

 「ソードアート・オンライン」とこれとどっちがいいかと言われれば、前者をとると思いますが、読んだ順番で評価しているのかもしれず。
 それくらいどっちも普通に面白いし、何よりこれが僕の評価で一番の肝ですが、読みやすい。
 文章がこなれていてストレスを感じさせないのももちろんですけど、お約束を外さない心地よさがあります。
 この辺の感覚でいえば、「Dクラッカーズ」「ブラック・ブラッド・ブラザーズ」のあざの耕平とかに通じるものがあるかもしれません。

 やってることは「ソードアート」と大差ないような気はしますけど。主人公が仮想世界で唯一無二のスキルを得て云々とか。
 でも、イラストを見てるとどうしても「A君」を思い出す。続きはもう出ないのか。

 [GAME] スパロボ関連 

 スパロボの戦闘曲はかなり好きでよく聞いてますが、携帯機はサントラ出てくれないので困っていたところに救世主。

 ニコニコ動画ですけど。

 個人的なおすすめは、スパロボDの「ジョッシュのテーマ」(正式名はまだない)と、Wの「JUST ONE CHANCE」。
 特にWはこの曲とスパロボ補正されたテッカマンブレードのおかげで神認定。

 同じところで、「無限のフロンティアEXCEED」の動画を見ましたが、いい意味でも悪い意味でも相変わらずヒドいゲームでした。
 たぶん買う。

 [MAGIC] 構築意欲刺激中その2 

 《恐血鬼/Bloodghast》ドレッジは一人まわしの友。

 《恐血鬼/Bloodghast》は《イチョリッド/Ichorid》というよりも追加の《ナルコメーバ/Narcomoeba》のようなイメージですね。
 大事な最序盤に《陰謀団式療法/Cabal Therapy》とか《戦慄の復活/Dread Return》が打ちやすい。
 あと、イチョみたいに墓地を食わないので《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》が結構大きくなる。

 竜巻CTG、ゴブリンとあるけど、レガシーのデッキは次何組もう。マーフォークか白ウィニーが無難か。

12《島/Island》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《変わり谷/Mutavault》

4《呪い捕らえ/Cursecatcher》
4《銀エラの達人/Silvergill Adept》
4《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
4《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》
4《マーフォークの君主/Merfolk Sovereign》

4《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4《もみ消し/Stifle》
4《目くらまし/Daze》
4《行き詰まり/Standstill》
4《Force of Will》

 4積のきれいなレシピ。雛形としては最適かも。

 [DIARY] 心機一転 

 リーグ戦無敗も止まったし、よりエスパルス色にしてみました。>オレンジ+黒
 間違っても巨人色と言ってはいけません。

 理想としてはワンポイントで青があると尚よしなんですけどね。自分で頑張ればいいんですが、そこまでの気力はない・・・・・・。

 [MAGIC] 構築意欲刺激中 

 PT終了後の今はデッキをとりあえず組む時期。(常ならば組んで少し回してブームが去る)

・スタン編

 そんな中、適当に作ったデッキを切っては投げ、切っては投げしてくれるジャンドが環境最強であることは、一人スパーの結果からも明らか(つーかこのデッキ、入ってるカードが強すぎる)ではありますが、デッキ自体はかり色々なものが出てきて傍から見ている限りではとても面白い。
 そのジャンドにしたって、純正3色もあれば最近主流っぽい白タッチ、白タッチにしても悪斬まで入れてるものもある。

 第213回PWC上位者デッキリスト
 第214回PWC上位者デッキリスト

 目新しいものでは、フェッチ系16枚、基本土地8枚の白赤上陸ビートダウンとか、《蔵の解放》をリアニメイトとして使うエスパーコントロールとか。

・レガシー編

 恐血鬼ドレッジ

4 《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
3 《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4 《不屈の部族/Tireless Tribe》
4 《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4 《恐血鬼/Bloodghast》
1 《サディストの催眠術師/Sadistic Hypnotist》
1 《セファリッドの賢者/Cephalid Sage》
1 《炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealot》

4 《打開/Breakthrough》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《黄泉からの橋/Bridge from Below》
3 《戦慄の復活/Dread Return》

4 《知られざる楽園/Undiscovered Paradise》
4 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
4 《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
2 《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
1 《真鍮の都/City of Brass》

SB
4 《真髄の針/Pithing Needle》
4 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
3 《Force of Will》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《祖神に選ばれし者/Ancestor’s Chosen》
1 《サディストの催眠術師/Sadistic Hypnotist》

 まず思ったのは「安」ってことですかね。
 一番高いのが《恐血鬼/Bloodghast》ですからね。(Willはまあサイドです。記事読んでる限りは超重要っぽいけど。)
 大昔の5CG/5CB以来、誰も見向きもしなくなった《知られざる楽園/Undiscovered Paradise》を4枚使えるのもなんかも微妙に嬉しい。
 デュアランもフェッチも使わないんで、たくさんデッキを組む時も助かるし、需要はともかくチーム戦とかにも優しいですね。(Willは以下略)

 しかしこのWill。メイン12枚+これ3枚。1回打てれば勝つってことでしょうが、枚数的には結構厳しいような・・・・・・。


おまけ

 僕の目が悪いのかもしれないけど、この絵は某ではないんじゃないか?
 イラストレータ名のところもぼやけてるけどなんか違う気がする。

 [MAGIC] プロツアー オースティン とか 

 ブライアン・キブラーが優勝。
 カバレッジ本文にもありますが、キブラーといえば《煽動するものリース/Rith, the Awakener》なわけで、今回のエクステンデッドデッキがNaya Zooであることには感慨深いものを感じますね。

 しかし、やっぱり環境が変わって一発目のエクステンデッドは面白いです。プロプレイヤー中心でしかプレイされないレギュレーションかもしれないけど、スタンはともかくレガシーには結構影響与えてると思いますし、ほんとこれは年中行事にしてほしい。


 さて。
 ジャッジ報償の《適者生存/Survival of the Fittest》を某が描いてるという恐ろしい情報が入ってきたんですが、嘘ですよね。嘘だといってほしいな。

 [BOOK] 「グイン・サーガ(129)」 

 あと1巻。

 今回は、しょっぱなから懐かしい「タなんとか」さんが出てきました。
 おしゃべり爺ちゃんの眷属だったこのひとがこんなところで出てくるだなんて、実は南の方は竜のお方じゃなくて、爺ちゃんの仕業なのか、こりゃ一本取られたわー。それならスカールとヨナもなんとか自力で脱出できるかもね。
 ・・・・・・んなわけなかった。

 そんなこんなしてたら当の爺ちゃんが出てきて、結局中原の北と南で竜のお方がどうこうという話になっていくのですが。
 いやいやいや、ちょっと待って。
 いくらなんでも「もう七人の魔道師の話は終わっちゃったよ」はないでしょ。

 もはや昔のことすぎて重箱の隅つつくようなものかもしれませんが、爺ちゃん、「タなんとか」さんはあのときにもうあんた死んじゃったって言ってたやん。
 記憶操作のおかげで、今回グインが竜のお方と「初めて会った」ことになった、とか言ってるけど、昔は普通に「やはりきさまの仕業か」とかやってなかったっけ。

 とまあ、知らないうちに現時点が「七人の魔道師」の後日になってしまったこととなんか筋書が変わってしまっていることに衝撃を受けたわけでした。

 で。
 大事なことなのでもう一度言いますが、

 あと1巻

 です。どないなんの?

 [SOCCER] 第29節 ×大分トリニータ 1-2 勝ち点50 4位 

なんというか、優しいよね・・・・・・。

首位は負ける呪いでもかかってるのかな。

もともと期せずして就いた位置だっただけに、心に余裕を持とうと思ってましたが、そんなわけないわ。
欲が出るに決まってる。

とりあえず頭冷やそ。来週は一歩引いて考えられるのが救いかなあ。



 [MAGIC] 日本橋ぶらり旅 

 時間が空いたので日本橋を徘徊してきました。
 僕があそこに出没するといつも雨のような気がするのですが、今日も日本橋雨男の面目躍如で、着いたとたんにスコール発生。正直、紙を触るというのにこの属性はほんとに勘弁してほしい。

 とりあえず、店に行ったら、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》と《吸血鬼の夜侯/Vampire Nocturnus》の値段を見るところが昨今のネットウォッチングの嗜みでしょうか。
 ちなみに、後者はともかく前者は4.5K、5.6K、7.3Kとどこかのタルモゴイフより高くて笑いました。
 クリーチャーとしては過去最高額を叩き出してるのではないでしょうか。
 あまりに自分的相場とかけ離れすぎてて、これを買うくらいならこれに勝てるデッキを組む方を選ばざるをえないですね。

 あと、ついにレガシーの大きな大会が開催されるのが決まったみたい(12/19)なので、またゆるゆるとデッキを組んで調整する予定です。
 時間があえば参加したいのは前に宣言した通りなので。

 [GAME]  南極探検記(真女神転生ストレンジ・ジャーニー) その2 

ゆるゆるとプレイして、やっと第二階層のボーティーズをクリアしました。えらい長くかかった。

基本的に属性を合わせてCOOPしないと効率が悪いので、仲魔をそろえるのに時間がかかるのと単純に難易度がそれなりなのでそこそこレベルアップしないといけないのも問題。

特にボスは結構強くて、主人公は回復アイテム係で、仲魔3体でCOOPしまくっているのが現実。

ずっとこうなんかなー。

 [DIARY] 10/15の徒然 

 歯医者に行ってきたら、即、「親不知抜きましょう」と言われたりした本日であります。
 上のやつは下に比べれば抜きやすいらしいんですが、3段階で3と言われたので、それなりに痛い思いをするんではなかろうか。
 なんでこんなムダなものが出てくるのやら。人類の進化も適当ですね。

 ・迷宮街クロニクルの企画用妄想を考えてみたけど、わたしゃ作者以上に頭が固いらしい。わかってたけどな。
 ・メガテンはまだ第二階層のボーティーズでうろうろしてます。つーかあんまりやってません。面白くないんじゃないけど長時間もたない。つーか餓鬼のマッカビームは鬼畜すぎる。やる気ドレインです、あれ。
 ・積み本はなんとなく消化中。いまは「アクセル・ワールド」読んでます。普通におもろいね。
 ・気がついたら岡崎は2戦連続ハットトリックだった。今年だけで代表14点って凄すぎる。今週末もよろしく。
 ・PSP版P3の女主人公はせこすぎる。P4の雪子がでてくるとかずるい。でもテレッテに顔を紅くされるのも困るな。PSP持ってないからやる気ないけど、やっぱなんかずるい、せこい。


 [BOOK] 「迷宮街クロニクル 3」 感想文 

 気がついたら読み終わってました。読み比べとかするのかな。きっとするんだろうな。

 全体的に加筆はキャラの掘り下げ中心で、意外なひとの意外な側面がかいまみれたりするようなそんな感じです。
 重要人物にはよりスポットが当たるようになってて、結果、越谷さんの記述が増えたのは嬉しいところ。

 ただ真壁に関してはちょっと趣が違うというか、とにかく彼の人間性に突っ込んだ内容が多かったですね。
 これまでの加筆はどちらかといえば彼本人の心情メインだったような気がしますが、今回は彼を周りからみるとどうなるのか、というものが多かったように思います。
 旧版を読んでた印象では「ただ単純に気の回る良いやつ」だったんですが、周りからみると自分本位で突っ走る一面はだいぶ気に障るところがある、と。
 おかげでだいぶ彼に対する印象は変わりましたね。「主人公」という言葉からイメージされる偶像的なプラス印象が薄れ、より現実っぽい人間味が出てきたという感じです。
 ただ、個人的にはここまで掘り下げなくても良かったかなという気がしたり。よりリアルな描写が増えたことで読後感が殺がれた部分は少なからずありましたし、何より壊れてしまった真壁偶像を結構気にいっていたので。もうちょっとプラスとマイナスの匙加減を調整した方が良かったかなとも思えました。(ここは「3巻下」でもある4巻を読むと相殺されるのかもしれませんけどね)

 しかし今回に関してはどうしても解せないことがあります。
 三峰えりか嬢が2度ほど挿絵に登場するのですが、

 なんで眼鏡をかけていないのか!

 ちっちゃい/白衣/丸眼鏡/巻毛/長髪、が脳内三峰えりかだっただけにショック大。
 さすがにこれはやりなおしを要求してもいいレベル。

 [追記]

 さてさて。
 あざはん用に雷電的なものを色々と考えてみましたが、頭固いことに関しては引けを取らないですね。いや、わかってたけど。
 正直、巻末短編の野村さん甘党事件というだけでもニヤっとしてたので、正直なんでも喜ぶんだと思います。

 ・佐藤優輔勇戦編 ・・・・・・ 3巻では見事に名前だけだったのでちと寂しかったです。最終的に「痕」の一編でも入っててくれたら満足。
 ・黒田VSマドンナ ・・・・・・ 女性陣受けの悪い新キャラと、男性陣受けの悪い(わけではないか?)プレイボーイはどう絡むのか。意外にそっち系関係なく仲がよさそうな気もするし、黒田さんが一方的に避けてそうな気もする。後者の方が絵的には面白いかな。3枚目っぽいところもあるし。というか、マドンナってチャンバラに出したらいい動きしそうじゃないですか? 解説席1つ増やしましょう。(まだ言うか)
 ・落合さんとナミー ・・・・・・ お呼びがかかるのを待ってたナミーのそのこころは、ってやつはまだ未見ですよね。ぜひお願いします。

 もっといろいろ書きたいという欲求はあるのに言葉にできない・・・・・・。
 思いついたら更新しよう。


 [BOOK] 「迷宮街クロニクル 3」@林亮介 GA文庫 

 とりあえず積み本はたくさんありますが、最優先事項なのでまたこの世界に浸ってくることにします。

 まだ最初の方しか読んでませんが、やっぱり加筆が多くて楽しいです。
 新キャラがいますが、このひとがあざはんキャンペーン当選者かな? なんにせよ、毒の強そうなキャラで津差さんとどういうことになるのか楽しみです。(エピソードの担当差し替えってことでいいんだよね?)

 あざはん3回目に登録するかどうかは気力と時間の許す範囲で判断しようかな。

 [SOCCER] 天皇杯2回戦 ×佐川印刷 2-0 

 今年から天皇杯2回戦から登場することになりました。
 犬飼会長はいいかげんベストメンバー規定とか撤廃してほしいですね。選手の健康問題とか海外でもありますが、素直に選手を慮るだけじゃなく、もし本当に急逝される選手が出たときに真っ先に槍玉に挙げられるでしょうし。予防線って大事だとおも。

 さて、毎度毎度天皇杯初戦は大学生相手にPK戦とか、後半だけで6-4とか割と伝説級の実績を残しているだけに心配でしたが、なんとか普通に勝てました。
 レッズとか・・・・・・ほんと怖い。

 [DIARY] この連休の動き 

 日曜日は37の運動会で、朝もはよから場所取り。運動会の間中は主にビデオを回し、帰宅後そのまま浜松の実家へGO。しんどいな。
 で、今日を有休にしてのんびり帰ってきました。高速工事中で無駄に渋滞に巻き込まれ文字通りののんびりでしたが。

 まあなんか妙にテンパってましたが、さすがに予め日記に触れとけばよかったなと反省しております。

 [GAME]  南極探検記(真女神転生ストレンジ・ジャーニー) その1 


 現在アントリアB1Fを探索中。

 ・未知との遭遇とか異界設定とか追い込まれている感覚がなんとなくifっぽい。
 ・デモニカスーツにプログラムを装填していく様はなんかソウルハッカーズっぽい。
 ・戦闘の見た目は真3だけど、プレスターンじゃないのでやっぱりなんとなく懐かしい方式。
 ・LAW、NEUTRAL、CHAOSとかも超懐かしい。そのおかげか選択肢はいつもものすごく悩む。
 ・これでパートナーがいれば僕みたいな懐古厨万歳なのにな。

 ・主人公の渋さは異常。おかげで付ける名前に困る。そもそも副島絵に慣れると金子絵の「人間」はぶっちゃけ気持ちわるいよね。
 ・フィールド音楽の空耳感は異常。さすがに戦闘は歌じゃなかった。
 ・ピクシーかわいいよピクシー。
 ・最初のボスは、こっちのHPが70とか50とかなのに1発40ダメを叩き出す鬼畜。アイテム使用の回復は速度優先されるみたいで、それがなかったら余裕で全滅。
 ・全体的に敵のパターンは頭悪いけど一撃が大きいので緊張感あり。すでに雑魚からムド打たれるんだが、さすがに最初は目を疑った。
 ・自分も仲魔もレベルアップでHP/MP全回復なので回復魔法をケチるのは損。

 こんなところで。

 [GAME] 真・女神転生 ストレンジジャーニー 

さあ、南極へ行ってくるぜ

 [SOCCER] アウスタで代表×香港 

アウトソーシングスタジアム日本平での代表戦で、岡崎ハットトリック!

いくら格下とはいえ、やっぱ何か持ってるな。

しかし、日本平初の代表戦はなんか普段の試合と違う雰囲気でしたね。

特に応援がエスパルスモードだったのがすごく面白かった。

・CKとかで「き・め・ろ・よ、き・め・ろ・よ、ゴール!ゴール!」
・代表戦なのに勝ちロコ

今回みたいな割とどうでもいい試合だったらぜひまたやってもらいたいもんです。



 [SOCCER] さらば暫定 

 鹿島×川崎が2-3で終了。
 鹿島は今回のでふっきれたかもしれないですね。

 これで、暫定よさらば、です。
 残り6戦。これからの経験はほんと宝になりそう。


 [BOOK] まとめて感想 

 まず感謝を。
 いつもたくさん貸していただいてありがとうございます。

 DQ9に飽きて以降、普段通りの電車読書生活に戻りました。

 「逆転のクレヴァス」@茅田砂胡 C・NOVELS 2009/07

 リィに変態を絡ませる、というただそれだけのネタ。それで1冊さらっと書いちゃうのにももう慣れた。というか最近はもう慣れすぎてて駄目だ。(主に自分が)

 「ヒミツのテックガール」@平城山工 角川 2009/05

 新人。
 常識外の科学技術を研究する女子「高専」に編入した主人公とそこの住人たちのドタバタ劇。

 久々に地雷と呼べるものを踏みました。地の文読んでて気持ち悪くなったのはいつ以来でしょう?
 基本は主人公の一人称なのですが、キャラ設定と語り口がきついです。一人称ってある程度、自分を主格とリンクさせると思うんですが、主人公が変人なのでその結果が「気持ち悪い」になっちゃいました。
 話の方も「やまなしおちなしいみなし」。某ジャンルとかまったく関係なくそのまんまの意味でそんな感じだったので余計にきつかった。
 いずれ確認しておきたいのですが、読まずに貸された可能性は結構高いと踏んでます(笑)。

 「ラドウィンの冒険」@水藤朋彦 電撃 2008/12

 こちらも新人。
 いまどき珍しいごく普通の西洋中世風ファンタジー。なんか読んでて今サンデーに連載されてる魔法使いの漫画を想起しました。なんか主人公の雰囲気が似てるような似てないような。
 「やまなし」という意味ではこっちもいい勝負。電源系RPGでよく言われる「おつかい」イベントの連打はさすがにやめてほしかった。ゲームならその間に中ボスとか挟むんでしょうが、別にそういうのがあるわけでもなし。それで結構物理的に厚いのでちとしんどいです。
 世界観を小出しにする手段として街を移動させてるんでしょうけど、最初の街とか存在意義はあんまりないんじゃないかと思います。いきなり王都スタートでよかったのでは。

 思いっきり解決されない伏線があるのはまあ最近のだと仕方ないのか・・・・・・。

 「戦う司書と雷の愚者」@山形石雄 集英社スーパーダッシュ
 「戦う司書と黒蟻の迷宮」
 「戦う司書と神の石剣」
 「戦う司書と追想の魔女」

 大昔に1巻を借りたような記憶がありますが、図書館で2巻以降を一気に借りられたので読んでます。
 今度アニメ化もされるらしいですね。

 このシリーズ、1巻1巻のエピソード自体は王道まっしぐらで先を読みやすいんですが、世界の明かし方がうまいです。明かされるべき謎に対して、最適なキャラクター、エピソードをもってきているという感じ。
 事実上の主人公であるハミュッツを毎回一歩引いた立場で絡ませているからできる構成ですね。
 続きが楽しみですが、それは図書館次第。


 相変わらずハードカバーは後回し。穂信ちゃんとか読みたいんだけど・・・・・・。

 [GAME] 無限のフロンティアEXCEED 

 やっぱり修羅だった。
 やっぱり揺れゲーだった。

 フォルカとか出てくるなら前作よりも興味あるし買うかなー。

 [SOCCER] 1位の実感 

 サッカーマガジン、ダイジェストの扱いの差が面白すぎる。

 上の方にいるっていいなあ・・・・・・。うっとり。


 青山も無事退院したし、あさって台風直撃っぽいけどアウスタで代表戦だし。
 明日の試合が終わってはたして順位がこのままかどうかはわからないけども。
 (しかし、勝ち点の総量からすると明日は引き分けがベストのような気がする・・・・・・)

 [MAGIC] ドラ3連戦 その3 

 睡魔に脱落することなく3回目。でも人数は減って7人。
 パックは《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》を選択。

 1パック目初手。予定調和的に《忌まわしい最期/Hideous End》。別に不満があるわけでもないが、もう誰も信じられない。
 2手目。《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》。黒単やってみようかなという気になるものの、3・4手目が《松明投げ/Torch Slinger》でおとなしくあきらめる。

 2パック目初手。《見栄え損ない/Disfigure》。以下ry
 その後は《電撃力/Electropotence》をとれたくらいしか記憶にない苦痛のピック。
 デッキがあんまり強くならず、15手目に流すのが礼儀だよね、と馬鹿にしていたあれですら「まあ《スケイズ・ゾンビ/Scathe Zombies》にはなるかも」とか考えてた。

 で。
 3パック目初手。・・・・・・自ら登場《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》。最後の最後に大歓喜。

 《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》
 《血の求道者/Blood Seeker》
 《巨大蠍/Giant Scorpion》《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》*2 《石造りのピューマ/Stonework Puma》
 《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》*2《刃牙の猪/Bladetusk Boar》
 《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》《松明投げ/Torch Slinger》*2

 《見栄え損ない/Disfigure》《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》《信頼おける山刀/Trusty Machete》
 《不気味な発見/Grim Discovery》《殺戮の叫び/Slaughter Cry》
 《忌まわしい最期/Hideous End》《電撃力/Electropotence》
 《精神ヘドロ/Mind Sludge》*2

 《沼/Swamp》*10《山/Mountain》*7

 夜中の2時3時にもなると頭もちょっと焦点が合わなくなるのか、手元のカードを並べてみたら土地17の41枚デッキだった。
 生物の線が細いのと序盤の耐え方が気になる。
 正直、0/4君に期待せざるをえないし、墓地のクリーチャーを拾う前提で考えないといけない。


 1戦目 最強の外国人さん ○
 まじ最強。問題は戦う相手が睡魔になるくらい。

 2戦目 白黒 ○×○
 1本目。またマナフラッドという段階で相手は推して知るべし。除去を使われた後に《オブ》さん出して勝ち。
 2本目。3ターン目に相手は土地1枚だったが、2/3飛行が2体いた。どうにかry。
 3本目。5ターン目に《精神ヘドロ/Mind Sludge》が炸裂してハンド4枚を落とす。その中に装備品があったのが響いたらしく、場が固まって《刃牙の猪/Bladetusk Boar》だけで20点与えて勝ち。

 3戦目。白赤 ○×○
 1本目。確か《松明投げ/Torch Slinger》無双だったと思う。
 2本目。《天界のマントル/Celestial Mantle》で1回2倍ゲインされ、チャンプブロックでジリ貧になった後《征服者の誓約/Conqueror's Pledge》されて負け。
 3本目。レア負けした後にダブルマリガン。半分やさぐれてプレイ開始したものの、3ターン目に0/4が着地していきなり膠着。ラッキー。にっくき《天界のマントル/Celestial Mantle》は装着スタックで打ち落とし、《征服者の誓約/Conqueror's Pledge》は5/5の《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》でアドバンテージを取らせず、最後は《電撃力/Electropotence》で本体焼いて勝ち。
 途中6、7ターンくらい、1/2飛行のみの1点パンチをされ続けてたことが非常に印象に残った。なんでこのカードは本体しか軽減できないのか。別に生物のみでもいいのに。

 ・当たり前といえば当たり前だが、黒赤で墓地回収は強い。《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》拾っても強かった。
 ・3マナ0/4の安定感は異常。

 ・ 《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》と《血の求道者/Blood Seeker》が普通に強いのだが、集めることは可能なのだろうか。
 ・神話レアは鬼畜。次もオブさんパックでいくか。

| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。